王家のため未来の王妃にと願われたけれど、要らないそうなので私は新天地で幸せを見つけます

救国の魔女として王族を救い守ってきた曾祖母が亡くなり、守護を失った王家は、魔女の唯一の家族だった私『シルフィ』に未来の王妃になって欲しいと求めてきたのです。

だけど、長いお妃教育を耐えた先、王太子エルメル様が王太子妃として求めたのは私ではありませんでした。

なら、私はもう必要ありませんよね?

私が王都を出た翌日……エルメル様のお尻には立派な尻尾が生えていたそうです。 それぐらい命にかかわらないしどうってことありませんよね?

『エルメル様が気を付けるべきは、アナタの横で眠っているアパテですわよ』

なんて、私は親切に教えてあげるつもりはありません。 何しろせっかく自由になったのですから!
24hポイント 305pt
小説 3,972 位 / 111,739件 恋愛 1,852 位 / 32,167件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

最強聖女!チート御一行のダンジョン生活

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:4147pt お気に入り:735

何故か森の中で託児所を始めました

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:16707pt お気に入り:3212

妹が私の婚約者を奪った癖に、返したいと言ってきたので断った

恋愛 / 完結 24h.ポイント:376pt お気に入り:2925

異世界にログインしたらヤンデレ暗殺者に執着された

BL / 連載中 24h.ポイント:12638pt お気に入り:2374

三原色の世界で

恋愛 / 完結 24h.ポイント:560pt お気に入り:228

最後にひとつだけお願いしてもよろしいでしょうか

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:1363pt お気に入り:12002

「愛して欲しいだけだった。」

恋愛 / 完結 24h.ポイント:191pt お気に入り:2503