咲夜。人の寿命が見える私と、来年までに死ぬ彼の話。

 加護咲夜(かごさくや)、高校一年生。
 彼女には、不思議な能力があった。それは、他人の寿命が〝年数〟で見えること。彼女には大きな未練があった。それは、寿命一年である事を知りつつ見過ごしたことで、とある女性を救えなかったことだ。

 咲夜は高校の入学式の朝、屋上から空を見上げる男子生徒の姿を見かける。なんとなく視界の隅に入った彼、今泉京(いまいずみきょう)の寿命は──〝一年〟だった。

 先輩が来年までに死んでしまう運命を変えられた時、私が背負った罪の十字架も下りるのかな?
 次々現れる寿命一年の人物を救いながら辿り着いた世界で、ついに咲夜は彼の死の間際に直面する。

「先輩──!」

 伸ばしたその手は届くのか──。
 偽善か──それとも贖罪か。死神の目の使い方。

※アルファポリス主催、第三回ライト文芸大賞最終選考作品。
※読み手のネコ様のレビュー企画で、長編一位の評価を頂きました。
※小説家になろうさんで、ジャンル別日間三位頂きました。
※表紙用のイラストは、『SKIMA』を利用してmu様に、タイトルロゴは草食動物様に作って頂きました。
※Part51の挿絵として、ミカスケ様のフリーイラストを使わせて頂きました。
24hポイント 85pt
小説 8,502 位 / 105,090件 ライト文芸 164 位 / 4,755件