咲夜。人の寿命が見える私の話。

 加護咲夜(かごさくや)高校一年生。
 彼女には不思議な能力があった。それは、他人の寿命が、『年数』で見えることだった。
 成り行きで文芸部に入部することになった咲夜は、そこで今泉京(いまいずみきょう)という少年と出会う。ある日、今泉京の寿命が一年未満と表示されていることに気付いた彼女は、同じように死の運命に捉われた人達を助けつつ、彼とともに運命に抗い奔走することになる。
24hポイント 28pt
小説 7,981 位 / 42,746件 ライト文芸 259 位 / 1,697件