木立 花音

木立 花音

「咲夜。人の寿命が見える私と、来年までに死ぬ彼の話。」で第三回ライト文芸大賞奨励賞、「冴えない俺と、ミライから来たあの娘」で第11回ドリーム小説大賞奨励賞受賞しました。
13
 天翼族で侍のリン。  小人族の修道僧(モンク)、シャン。  魔術師の少女、コノハ。   エルフ族でスカウトのオルハ。  エストリア王国の港街ブレストを拠点にして活動する女性ばかりで構成された冒険者グループ『ヒートストローク』は、ある日飛行船から落下した少女を拾う。  翡翠色の髪と瞳。  奇妙な外見を持ち、飛行船から落下してなお無傷という謎だらけの少女であったが、彼女は『ルティス』という単語以外なにも覚えていないのだった。  そんなルティス(仮名)と行動することになったヒートストロークの面々は、やがて500年前に滅んだという古の天空都市、「ラガン」復活に纏わる事件に巻き込まれていく。 ※火曜、金曜19時更新予定。 ※2021年、4月8日。二章以降の頭に、アバンタイトルを追加しました。 ※十年以上前に、テーブルトークRPGで行ったキャンペーンセッションの内容を小説にしたものです。 ※既存作品「麻薬と少女と呪いの指輪」の続編となります。 ※表紙絵は、あだきこう様に描いていただきました。
24hポイント 0pt
小説 105,655 位 / 105,655件 ファンタジー 28,017 位 / 28,017件
文字数 175,476 最終更新日 2021.05.28 登録日 2020.11.20
 幼馴染だった三人の少年少女。広瀬慎吾(ひろせしんご)。渡辺美也(わたなべみや)。阿久津斗哉(あくつとおや)。そして、重度の聴覚障害を抱え他人と上手くうち解けられない少女、桐原悠里(きりはらゆうり)。  四人の恋心が激しく交錯するなか、文化祭の出し物として決まったのは、演劇ロミオとジュリエット。  ところが、文化祭の準備が滞りなく進んでいたある日。突然、ジュリエット役の桐原悠里が学校を休んでしまう。それは、言葉を発しない彼女が出した、初めてのSOSだった。閉ざされた悠里の心の扉をひらくため、今、三人が立ち上がる!  これは──時にはぶつかり時には涙しながらも、卒業までを駆け抜けた四人の青春群像劇。  ──私の想いは届かない。私には、気持ちを伝えるための”声”がないから。 ※バレンタイン・デイ(ズ)の姉妹作品です。相互にネタバレ要素を含むので、了承願います。 ※表紙画像は、ミカスケ様にリクエストして描いて頂いたフリーイラスト。イメージは、主人公の一人悠里です。
24hポイント 0pt
小説 105,655 位 / 105,655件 青春 4,092 位 / 4,092件
文字数 160,734 最終更新日 2020.10.22 登録日 2019.03.16
恋愛 完結 ショートショート
 マリベル王国のフィリップ殿下に見初められ婚約をしていたエリーザ・ビクトリアは、王族が集まっていた社交パーティーの会場で婚約破棄を言い渡されてしまう。  婚約破棄に至った理由は、エリーザが殿下の幼馴染であるマリアを苛め抜いていたこと、だというのだが、とうの本人であるエリーザにはまったく身に覚えのない話。  婚約破棄をされたエリーザは、家族にも見放されて勘当されてしまう。しかし、そんな彼女にも秘密があって──?
24hポイント 14pt
小説 20,758 位 / 105,655件 恋愛 8,756 位 / 29,845件
文字数 7,749 最終更新日 2020.08.07 登録日 2020.08.07
青春 連載中 長編 R15
 相貌失認(そうぼうしつにん)。  女性の顔が見えないという先天性の病を発症している少年、早坂翔(はやさかしょう)。  夏休みが終わった後の八月。彼の通っている小学校に転校してきたのは、類稀な美貌を持つ転校生、水瀬茉莉(みなせまつり)。  しかし彼女には、幾つか不可解な点があった。  誰とも目を合わせず、会話をしようとしないこと。  誰に対しても、心を開かないこと。  女性の顔を認識できないはずの彼なのに、何故か水瀬の顔は見えること。  顔が見える、ということを後ろ盾にして親密になりかけた二人であったが、結局は疎遠となり卒業の日を迎えてしまう。  それから二年。  クラスアート実行委員として再び一緒になった二人は、夜に芳香を強めるという匂蕃茉莉(においばんまつり)の花が咲き乱れる丘を、題材に選んで作業にはいる。  ところが、クラスアートの完成も間近となったある日、水瀬茉莉が不登校になってしまう。  姿をくらました水瀬を捜し求めるなか、遂に彼は、これまで感じていた違和感の正体に触れていく。 ※ノベルアップ+様で、日間ランキング総合一位を獲得しました。 ※表紙画像は、ミカスケ様のフリーアイコンを使わせて頂きました。
24hポイント 0pt
小説 105,655 位 / 105,655件 青春 4,092 位 / 4,092件
文字数 121,637 最終更新日 2020.08.05 登録日 2020.06.06
 私が胃癌を患い、手術を経て克服するまでを綴る、ノンフィクション・エッセイです。内容はタイトル通りですが、ノンフィクションゆえに苦手な方はご注意願います。  大丈夫。ちゃんと、ハッピーエンドです(笑)
24hポイント 0pt
小説 105,655 位 / 105,655件 エッセイ・ノンフィクション 3,502 位 / 3,502件
文字数 19,503 最終更新日 2020.08.01 登録日 2020.07.27
『怠惰』にして『無感情』。  他人に対してあまり興味・関心を示さない高校生、高畠智也(たかはたともや)は、繰り返し同じ夢を見ていた。  それは、二年前、犯罪に巻き込まれて亡くなった〝仮初の恋人〟、藤堂栞(とうどうしおり)と海で過ごした最後の日の夢。  どうして同じ夢ばかり見るのか……。首を傾げる彼の前にある日、藤堂と瓜二つの外見を持つ転校生、柚木栞(ゆずきしおり)が現れる。  柚木に藤堂の話を語った翌日、智也は、二年前の世界にタイムリープしている事実に気が付いた。  こうして始まった、藤堂栞がまだ生きている世界。二度目の平成二十×年、夏。  自分がタイムリープした理由が、藤堂の運命を変えることなんじゃないかと考えた彼は、再び藤堂と交際をすることに。前回と違う行動ばかりとる彼女に戸惑いつつも、次第に惹かれていく智也。  仮初から──真実へ。二人の愛が本物になっていく中、今度こそ藤堂を救うと彼は誓う。  だが──真実はだいぶ違っていた。  決戦の日は、藤堂栞の命日──八月四日。 ※表紙イラストは、西畑様に描いて頂いた藤堂栞です。最高に可愛いです。ありがとうございました!
24hポイント 113pt
小説 7,443 位 / 105,655件 ライト文芸 120 位 / 4,775件
文字数 151,315 最終更新日 2020.05.02 登録日 2019.10.24
 加護咲夜(かごさくや)、高校一年生。  彼女には、不思議な能力があった。それは、他人の寿命が〝年数〟で見えること。彼女には大きな未練があった。それは、寿命一年である事を知りつつ見過ごしたことで、とある女性を救えなかったことだ。  咲夜は高校の入学式の朝、屋上から空を見上げる男子生徒の姿を見かける。なんとなく視界の隅に入った彼、今泉京(いまいずみきょう)の寿命は──〝一年〟だった。  先輩が来年までに死んでしまう運命を変えられた時、私が背負った罪の十字架も下りるのかな?  次々現れる寿命一年の人物を救いながら辿り着いた世界で、ついに咲夜は彼の死の間際に直面する。 「先輩──!」  伸ばしたその手は届くのか──。  偽善か──それとも贖罪か。死神の目の使い方。 ※アルファポリス主催、第三回ライト文芸大賞最終選考作品。 ※読み手のネコ様のレビュー企画で、長編一位の評価を頂きました。 ※小説家になろうさんで、ジャンル別日間三位頂きました。 ※表紙用のイラストは、『SKIMA』を利用してmu様に、タイトルロゴは草食動物様に作って頂きました。 ※Part51の挿絵として、ミカスケ様のフリーイラストを使わせて頂きました。
24hポイント 0pt
小説 105,655 位 / 105,655件 ライト文芸 4,775 位 / 4,775件
文字数 238,719 最終更新日 2020.04.21 登録日 2019.01.13
 燃えるような赤い髪も。  綺麗な輝きを放つ翡翠色の瞳も。  全ては私の、憧れだった――  魔法と錬金術によって栄えている島トリエスト。  その西方地域にあるエストリア王国の港街に、カノンという名の少女が住んでいた。彼女の夢は、魔法使いになることだった。そう――過去形だ。  閉ざされた自身の夢は、代わりに親友で『あった』少女が叶えていた。  魔法使いとして成功した少女、コノハ。  魔法使いになる夢を半ばで諦めた少女、カノン。  二人の少女の運命は、一つの指輪を切っ掛けとして、再び交錯することになる。 ※元々は、某ファンタジーTRPG用に書き下ろしたシナリオの小説化作品であり、最初期の作品の一つです。登場人物は大半が友人のプレイヤーキャラクターです。  そのままだと二次創作作品となってしまうため、世界観はオリジナルの物に差し替えています。 ※表紙画像は、うしお様のフリーアイコンを使わせて頂きました。
24hポイント 7pt
小説 24,600 位 / 105,655件 ファンタジー 4,920 位 / 28,017件
文字数 28,666 最終更新日 2020.01.31 登録日 2019.06.29
恋愛 完結 長編 R15
 20歳になった主人公、楠恭子(くすのききょうこ)が荷物を片付けている時に出てきたのは、高校生の頃につけていた日記帳。ページを捲りながら、懐かしい日々に思いを馳せる彼女。しかし、そこに綴られていたのは、決して楽しい思いでばかりではなく──。  平穏で。穏やかで。けれど、なんの代わり映えもしない平凡な高校生活を送っていた恭子の日常は、三年生に進級した時のクラス替えで、片想いだった相手──福浦晃(ふくうらあきら)と同じクラスになった事で変わり始める。  やがて晃の友人である容姿端麗な美少女、立花玲(たちばなれい)を交えたトライアングルは、様々な軋みを生みだしながら季節をこえていく。そんな中、悩みに悩んで一念発起。卒業も間近となったバレンタインデーの日、遂に恭子は晃への告白を決意する。  しかしトライアングルの軋みは、この時既に限界を迎えようとしていた──決戦の日は、バレンタイン・デイ(ズ) ※『見上げた空は、今日もアオハルなり』の姉妹作品です。相互にネタバレ要素を含みますので、ご了承願います。 ※表紙絵は、白井様に描いて頂きました。
24hポイント 0pt
小説 105,655 位 / 105,655件 恋愛 29,845 位 / 29,845件
文字数 94,852 最終更新日 2019.12.14 登録日 2018.11.12
現代文学 完結 ショートショート
 2016年の年末。未来から来た娘、千花(ちか)と別れた秋葉悟(あきばさとる)は、透子(とうこ)と出会い結婚し、二人の子宝に恵まれる。  長男、孝人(たかひと)と、長女の千花。  あれから13年の月日が過ぎ、季節は再び年の瀬。  秋葉はまだ見ぬ未来の娘に思いを馳せる──  ノベルアップ+の年の瀬フェアに乗っかって書いた、『冴えない俺と、ミライから来たあの娘』のアフターストーリーです。  本編のネタバレ要素もあるので、ご注意ください。
24hポイント 0pt
小説 105,655 位 / 105,655件 現代文学 5,503 位 / 5,503件
文字数 3,078 最終更新日 2019.11.28 登録日 2019.11.28
 ──結ばれないとわかっていたのに、それでもあなたに恋をしました。  ルックスは平均点。営業成績は落第点。全てが凡庸なサラリーマン秋葉悟(あきばさとる)。クリスマスを控えたある夜、彼の元に葛見千花(くずみちか)と名乗る女子高生が現れる。  彼女は秋葉に、「私は未来からやって来たあなたの娘です。一週間だけ、ここに泊めて下さい」と告げた。  25歳の青年と、18歳の女子高生。時を超えて巡り会った親子は、一週間の共同生活を送ることになる。  クリスマスデート。二人で海を眺めて語り合う休日。一緒の布団で身を寄せ合い迎えた最後の一夜。夜明けとともに予告なく訪れた別れの先で、彼がたどり着いた結末とは? そして千花が戻ったミライの世界で彼女を待っていた物とは?  これは、定められた運命と予定調和の中で揺れ動く、〝決して〟結ばれる事のない二人の恋の物語。 ※アルファポリス主催、第11回ドリーム小説大賞【奨励賞】受賞作品。 ※表紙用のイラストは、(SKIMA)を利用してmu様に描いて頂きました。
24hポイント 0pt
小説 105,655 位 / 105,655件 現代文学 5,503 位 / 5,503件
文字数 97,812 最終更新日 2019.11.08 登録日 2019.07.11
恋愛 連載中 長編 R15
 あの日、あの海、生きる意味を教えてくれたのは彼女だった──  多くの死者がでる重大なバス事故を起こした青年、逢坂部賢梧(おおさかべけんご)  彼は静養のため全てのものを捨て、静養のため岩手県宮古市にある景勝地、浄土ヶ浜(じょうどがはま)を訪れる。  その地で彼は、白木沢帆夏(しらきさわほのか)と名乗る女子大生と出会った。彼女の母方の実家が営んでいるという民宿で滞在期間を過ごしているうちに、次第に彼女に惹かれていく自分に気がつく。  やがて恋に落ちる二人。だが、重大な事故を起こしたという重苦しい過去が、罪の十字架となって彼の肩にのしかかる。 「二年だけ、待って欲しい」  悩み抜いた末に結論をだした翌日。彼は、白木沢帆夏の驚愕の真実に触れる──。 ※表紙絵はいぬちよ様、7話の挿絵はファル様からの頂き物を使わせてもらいました。ありがとうございました!
24hポイント 14pt
小説 20,758 位 / 105,655件 恋愛 8,756 位 / 29,845件
文字数 112,708 最終更新日 2019.08.22 登録日 2019.02.26
 魔法と錬金術によって栄えている島トリエスト。  島の西方地区にある傭兵訓練所に、ユーリと言う名の少女が居た。彼女は優れた動体視力と剣技を持ちながらも、常に何処か手を抜いた戦い方ばかりしていた。  ユーリの捨て鉢とも思える行動を気にかけていた青年レオニスは、彼女に声掛けをし、遺跡探索の旅へと誘う。  金か名声か、それとも単なる暇つぶしか。何の気なしに承諾したユーリだったが、遺跡へと赴く旅の途中で、久しぶりともいえる人の心の温かさに触れる事に。  当初はぎくしゃくしていたものの、次第に関係が軟化していく二人。だが、旅の先で起こった出来事が、やがて二人に不幸をもたらした。 ※純粋なファンタジー小説の皮を被った、ただの恋愛小説です。
24hポイント 0pt
小説 105,655 位 / 105,655件 ファンタジー 28,017 位 / 28,017件
文字数 27,556 最終更新日 2019.01.23 登録日 2018.12.24
13