私と母親を繋いだ、一冊のノート

出会ってまだ数ヶ月の彼から、結婚を前提に付き合って欲しいと言われた私。
まだ19歳なのに早すぎる、と思い悩む日々の中、いまは亡き母親の形見である鏡台の引き出しに、一冊のノートが入っていた。

それは――死んでしまった母親と、自分を繋ぐ架け橋となって?

※既存作品「冴えない俺と、ミライから来たあの娘」のアフターストーリーでもあります。
※上記本編作品を読まなくても楽しめます。
24hポイント 28pt
小説 18,724 位 / 120,675件 ライト文芸 312 位 / 5,038件