サインは、スローカーブ

 泉野高校は石川県金沢市に校舎を構える公立高校で、県内屈指の進学校として知られていた。
 高校野球では万年一回戦負け、初戦を突破出来れば御の字というレベルの学校である。
 そんな泉野高校が秋季大会で謎の快進撃を遂げ、準々決勝まで勝ち進んだ。
 マウンドに立つのは二年生の岡野。熱血・根性といった高校球児にお決まりのキーワードとは正反対にある、野球は好きだから続けている人。実力も凡人レベルと言って構わないだろう。
 どうして彼はマウンドに立つのか?何故泉野高校は快進撃を続けるのか?

 ※ 作中の学校名は現実の学校と関係は一切ありません。その点予めご了承下さい ※

 ◇『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n3264eo/ )』『カクヨム(https://kakuyomu.jp/works/1177354054885146819)』、私が運営するサイト『海の見える高台の家』でも同時掲載

24hポイント 0pt
小説 58,730 位 / 58,730件 青春 2,989 位 / 2,989件