私は勇者でした。今は魔物の雌です。

魔物を殺しすぎて、罰を受けることになった元勇者様。
魔物の雌として魔物の子を産むことに。
たくさんの魔物に犯されて、雌の悦びに目覚めてしまい…。
触手×元勇者がメインの孕み男子。
ーーー
『勇者を追った俺は、獣の雌になりました。』
尊敬する勇者を追って魔物のいる地に訪れたそこは、もう全てが狂っていた。
絶望の中、魔物の王に言われた言葉は。
獣(キメラ)×青年
※元勇者も出てきますが、相手は不特定多数です。
ーーー
『癒し手の僕は、精霊たちの小鳥です。』
魔物に襲われたところを妖精たちに助けられた歌を唄う癒し手は精霊と妖精の領地に迷い込む。
妖精たちを信じて進むが…。
精霊(複数)×少年
※グロ注意
ーーー
こちらの作品はpixiv様、ムーンライトノベルズ様でも公開中です。
24hポイント 42pt
小説 15,615 位 / 144,102件 BL 3,306 位 / 16,440件