小国の王女が奴婢として大帝国に召喚されたと思ったら皇太子妃にされそうで逃げたいです

辺境の小国、ブリトー王国の王女として生まれたルシー。
華やかな都会もいいけれど、でも生まれ育ったブリトーが一番良い。
だから国王の父に、この国の誰かと結婚したいと言い続けてきた。
でもルシーが16歳の秋。
世界最大にして最強の国、フラン大帝国がルシーをフラン宮廷へ差し出せといってきたのだ。
もし断わればフランはブリトーから宣戦布告を受けたとみなし、ブリトーへ攻め込んでくるという。
弱小国のブリトーがフランから攻撃を受ければ跡形もなく吹き飛んでしまう。
だから已む無くルシーは王女としては屈辱の奴婢としてフラン宮廷へと献上されることになった。
でもフラン宮廷でルシーはフラン大帝国皇太子フレックスの妻、フラン大帝国皇太子妃になれといわれてしまう。
24hポイント 0pt
小説 126,070 位 / 126,070件 恋愛 36,159 位 / 36,159件