ささやかな出会い

薬術師は近くの町に暮らす人々から不気味がられながらもその技術は確かで重宝されていた。

薬術師自身はただ静かに研究ができれば良いと気にも留めず過ごしていた。

ある日の夜、薬術師が家の外の空気を吸っていると小さな異変と、招いてもいない二人の客人に眉をひそめる。
24hポイント 0pt
小説 102,140 位 / 102,140件 ファンタジー 27,409 位 / 27,409件