儚い花よ 紅の月下の元へ

少し強欲な王の失策により戦争が起こり、国は負けた

全てを失い、 居場所を失った元伯爵家次男のウィルテイルは悲しみ、嘆きながらもそれを受け止め教会で一生を終えると決める。

半年後、少しずつ質素ながらも平和な暮らしにも慣れ、貴族としての誇りや慢心を持たないウィルテイルはこんな毎日が続けば良いと思っていた。

だが

「恩を返したい」
突然現れた頬に剣傷をつけた厳つい男は右も左もわからない僕を横抱きに抱え連れ出す。


少し歪んだ一方的な愛を送る男と、奇跡的に受け取れた男の少し危うい馴れ初め


※※※

6月16日一花BL企画に参加致しました!

花のテーマは月下香&ナツツバキです!


24hポイント 0pt
小説 101,979 位 / 101,979件 BL 10,277 位 / 10,277件