婚約破棄ですか。僕の愛する少女を虐めたなと言われても、浮気発言ですよ。元婚約者を殺し自由になった私を幼い頃会った王太子が妻に迎えに来ました

 「キャエット、お前のような下劣な女とは婚約破棄だ」
 はぁ、馬鹿だとは思っていたけれど、幾ら馬鹿でも自ら死に歩む事はないでしょう。
 「お前は同級生イライミー・ノックスを虐めていただろう」
 はぁーーー?私が虐めなんてするわけがないでしょう。
 「イライミーの傷にこんな△傷をつけたのはお前だろう、キャエット」
 「ええ、そうよ。それがどうかしたのかしら」
 頭お花畑な婚約者と同級生は私の頭を痛めてくれます。
ああ、頭が痛くなる。
 あ、2人は当然出来てます。
 頭お花畑な婚約者は真実の愛に目覚めたそうです。
 真実の愛に目覚めるのは勝手だけれど殺しますよ。

 「キャエット、婚約破棄され自由になったお前を妻に迎えに来た」
  元婚約者を殺し自由になった私を、幼い頃に会った王太子クラリオンが迎えに来ました。
 「ただ、男爵令嬢がはしゃぎ過ぎたな。生きて俺の妻になりたければ詫びいれろ」
 頭お花束家な子息子女を溺愛していた親馬鹿どもが私を逆恨みで殺そうとしているそうです。
 私を逆恨みする伯爵ストライド家に男爵ノックス家にこの機に乗じて私を逆恨みする者、上等切りまくってきた
私を潰しておこうとする者達も協力するので、男爵アンダーウッド家だけでは戦力負けしてしまいます。
 クラリオンが言うように詫びを入れて、ルボオダス王族に助けてもらうのが正解でしょう。
 でもね、病弱な王太子が逞しくなってるので困ります。
 詫び入れて生き延びる事が出来なくなるじゃないですか。
 詫び入れれば生き延びれ、クラリオンと結婚できると分かっていても、戦ってみたくなるじゃないですか。
 幼い時も病弱で貧弱ながらも強かったクラリオンがマッチョなら、
そりゃもう男爵令嬢風情が勝てる相手じゃありませんよ。
 その強さ、自ら確かめてみたくなるのが貴族という生き物なんですよ。
24hポイント 0pt
小説 99,072 位 / 99,072件 ファンタジー 26,670 位 / 26,670件