「お茶を入れろ」ですか。確かに妹はお茶くみ(笑)と殿方に媚びを売るのは得意ですから貴方とはお似合いじゃないですか。妹と真実の愛を貫いて下さい

 「ふざけるなっ!気の利かない女だっ!」
 「俺様がお茶を飲みたいと思った時にどうしてお茶を差し出さないんだっ!」
 「お前のように婚約者様にお茶も入れられない無能聖女に婚約破棄を告げてやるっ!」
 「お前の妹のシィシルは俺様がお茶を飲みたいと思った時丁度お茶を入れているぞっ!」
 「そうよ~。婚約者がお茶を飲みたいと思った時にお茶を用意できてないなんて~
お姉様って本当にぃ気が利かないのね~」
 「いつも書類を見てばかりでっ!弱まってる結界も放ったらかしにしている無能怠け者聖女めっ!」
 はぁ。馬鹿婚約者は馬鹿なので私が無能な怠け者だと思っているのでしょうね。
 「そうよぉ。私なら怠け者のお姉様と違ってぇ~弱まってる結界があったらすぐに修復するわぁ~」
 はぁ、知能の足りない馬鹿な第二聖女の貴女にそんな事ができるといいですね。
ま、出来るわけないんですけどね。
弱まってる結界を全て修復するなんて、出来るわけないじゃないですか。
 「俺様はっ!真実の愛に目覚めたんだっ!お前のっ!妹のっ!シィシルをっ!愛してっいるんだっ!」
 馬鹿婚約者は馬鹿なのでまともに喋れないようです。
 「マカラスっ!聖女クオシルを追放するとはっ!今まで多少の事は見逃してきたがっ!
これは見逃せる事ではないぞっ!」
 「お兄ちゃん、終わりだぜ。王位は俺が継いでやるから安心して終わりな」
 「俺様がっ!悪かったっ!許してくれっ!」
 今更悪かった許してくれと言われても、ご自分で責任を取って下さい。
 私は美男子第二王子に愛されているので貴方なんて必要ありません。
24hポイント 0pt
小説 101,275 位 / 101,275件 ファンタジー 27,260 位 / 27,260件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

素材採取家の異世界旅行記

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:34246pt お気に入り:30550

竜王陛下の逆鱗サマ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:49pt お気に入り:1426

はずれのわたしで、ごめんなさい。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:111748pt お気に入り:6256

義妹が大事だと優先するので私も義兄を優先する事にしました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:161859pt お気に入り:8387