僕と小さな妖精と理不尽な社会

ある夏の暑い日、僕は妙な親子に出会う。
僕は久しぶりに親戚のじいちゃん家に遊びに行く所、車で1時間半なげーよ。
だりな〜、と考えながら運転する。
よく考えたら、じいちゃん家行くの久しぶりだわ。
じいちゃん何やっているかな。多分連絡してないから喜ぶに違いない。
24hポイント 0pt
小説 99,140 位 / 99,140件 ファンタジー 26,688 位 / 26,688件