【完結】悪役令嬢、ヒロインはいじめない

「君とは婚約破棄だ!」

きっと睨み付けて私にそんなことを言い放ったのは、私の婚約者。婚約者の隣には私とは別のご令嬢を肩に抱き、大勢の前でざまぁみろとばかりに指をこちらに差して叫ぶ。

「人に指を差してはいけませんと習いませんでした?」

周囲がざわつく中で私はただ冷静に注意した。何故かって?元々この未来を私は知っていたから。だから趣旨を変えてみたけどゲームの強制力には抗えないみたい。

でもまあ、本番はここからよね。
24hポイント 35pt
小説 18,742 位 / 144,261件 恋愛 8,710 位 / 45,102件