荷居人(にいと)

荷居人(にいと)

気ままにやってます(*^^*)読者様いつも励ましありがとうございます!恋愛かBLを主に書いております!Twitterもやってますのでフォローぜひお願いします!最近は短編、ショート書くのはまってます!
92 12345
BL 連載中 長編 R18
人間嫌いと言われた公爵様に嫁いで3年。最初こそどうなるかと思ったものの自分としては公爵の妻として努力してきたつもりだ。 男同士でも結婚できる時代とはいえ、その同性愛結婚の先駆けの1人にされた僕。なんてことを言いつつも、嫌々嫁いだわけじゃなくて僕は運良く好きになった人に嫁いだので政略結婚万歳と今でも思っている。 だけど相手は人嫌いの公爵様。初夜なんて必要なことを一方的に話されただけで、翌日にどころかその日にお仕事に行ってしまうような人だ。だから使用人にも舐められるし、割と肩身は狭かった。 いくら惚れた相手と結婚できてもこれが毎日では参ってしまう。だから自分から少しでも過ごしやすい日々を送るためにそんな夫に提案したのだ。 三年間白い結婚を続けたら必ず離婚するから、三年間仕事でどうしても時間が取れない日を除いて毎日公爵様と関わる時間がほしいと。 どんなに人嫌いでも約束は守ってくれる人だと知っていたからできた提案だ。この契約のおかげで毎日辛くても頑張れた。 しかし、そんな毎日も今日で終わり。これからは好きな人から離れた生活になるのは残念なものの、同時に使用人たちからの冷遇や公爵様が好きな令嬢たちの妬みからの辛い日々から解放されるので悪い事ばかりではない。 最近は関わる時間が増えて少しは心の距離が近づけたかなとは思ったりもしたけど、元々噂されるほどの人嫌いな公爵様だから、契約のせいで無駄な時間をとらされる邪魔な僕がいなくなって内心喜んでいるかもしれない。それでもたまにはあんな奴がいたなと思い出してくれたら嬉しいなあ、なんて思っていたのに……。 「何故離婚の手続きをした?何か不満でもあるのなら直す。だから離れていかないでくれ」 「え?」 なんだか公爵様の様子がおかしい? 「誰よりも愛している。願うなら私だけの檻に閉じ込めたい」 「ふぇっ!?」 あまりの態度の変わりように僕はもうどうすればいいかわかりません!!
24h.ポイント 284pt
小説 4,207 位 / 187,443件 BL 933 位 / 24,268件
文字数 73,446 最終更新日 2024.06.13 登録日 2023.12.23
恋愛 完結 ショートショート R15
幼い頃、ある理由でこの国の王太子との婚約が決定した。恋愛に夢見ていなかった私は別にどうでも良かったものの王太子でありながら女好きの婚約者にはほとほと呆れていた。 とはいえ、尻拭いは陛下が周りを使ってしており、私に可哀想なくらい謝るので、私に迷惑をかけないならと許してきた、が。 あのバカは自分が悪いにも関わらず、毎度私に謝罪するよう言われては、無理矢理謝罪させられることに逆恨みしたようでついに取り返しのつかないことをしでかした。 「未来の夫に謝罪ばかり要求し、勝手に嫉妬して私の愛人候補をいじめるような貴様とは婚約破棄だ!」 嵌めてやったとばかりににやにやと笑う令嬢に、自分が正義とどやりながらめちゃくちゃなことをいう王太子。 ついに私にこんな大広間で直接喧嘩を売りましたね?覚悟はできてまして?
24h.ポイント 42pt
小説 16,060 位 / 187,443件 恋愛 7,206 位 / 56,790件
文字数 2,367 最終更新日 2024.02.01 登録日 2024.02.01
恋愛 連載中 長編 R15
過去の記憶がない幼くして奴隷であった私を買ったのは変わり者のお嬢様。 「私は自分のことしか考えられない最低の女なの。だから、せめて貴方が幸せになれるよう励むわ」 自分を最低な女だと言いながら奴隷の私を幸せにするおかしな人。 「私、未来がわかるの。だから貴方があるべき場所に返してあげられない……ごめんなさい」 未来がわかると言って奴隷の私に謝る変な人。 「なんで………っなんでなの!」 そして急に泣き叫んではまるで私に悪いことをしたとばかりに罪悪感を帯びる目で見るお嬢様。 「貴方はね、王子様なの。私が死にたくなかったばかりに貴方が戻れるチャンスをだめにした。ごめんなさい、ごめんなさい」 奴隷の私を王子様などという世迷い言を言いながらも私を抱き締め、頭を撫でてくれる手は温かく、今で十分に幸せだからいいのになんて私はひそかに思い始めたあの日から数年後。 「貴方の奴隷契約を解除するわ」 「どう、して……」 「私が死ぬからよ」 そう宣言して私の奴隷解除を行い、一ヶ月後お嬢様は処刑された。 人は大切なものほど失ってから気づくとはよく言ったものだと思う。その処刑を見てしまった僕はその日ただただお嬢様の言う未来を信じなかった自分への怒りと守れなかった悔しさとお嬢様を処刑した人たちへの恨みと……色んな気持ちが混ざって………。 シリアスから始まり、やり直しからのハッピーエンド!の予定です。R15にしてますが、R18にする可能性もあります。今のところ予定はありません。
24h.ポイント 7pt
小説 35,049 位 / 187,443件 恋愛 15,103 位 / 56,790件
文字数 8,835 最終更新日 2024.01.17 登録日 2020.08.01
恋愛 連載中 短編
唐突だが私はお金が好きだ。お金よりも愛が大事と言う人もいるがそれはお金があってこそ言えることだと私は思う。 さてそんなことを急に言い出した理由は私が脇役の成金の悪役令嬢という存在に転生したからだ。 私はこの悪役令嬢は実に愚かだと転生前から思っていた。脇役といえど裕福でお金に困らない生まれだというのに不確実な愛を優先したがために悪役となり破滅の人生を辿ったのだから。 愛しの婚約者が別の人と結婚するようなヒロインに心を奪われて、お金に余裕もできたからと婚約破棄された挙句に、破棄に伴い婚約者の家に支援していたお金は戻ったものの、戻っただけで利息はなし。悪役令嬢の愛故に利息なしの支援が仇となった。 さらにお金に余裕ができたことで元婚約者も領地での運営以外のお金を増やすため、事業を始めたのだが、それは悪役令嬢の家の事業を真似たもので地位としても生粋の貴族としても上な元婚約者相手に成金一家は抵抗するようにアイデアを出すものの、悪役令嬢によって事業について知り尽くしていた元婚約者に敵うはずもなく一気に貧乏へと転落。そして最後には一家心中とあまりな結末。 愛故に婚約者に何もかも有利な条件、さらには対価もなしに命綱でもある事業の情報を開示するなんてバカにもほどがある。けど、その未来もわかっていて愛よりも金な私はそれを利用することにした。 「君とは婚約を破棄する」 その言葉待ってました!
24h.ポイント 35pt
小説 18,154 位 / 187,443件 恋愛 7,957 位 / 56,790件
文字数 7,112 最終更新日 2023.08.30 登録日 2023.08.15
恋愛 完結 ショートショート
「キサマトハコンヤクハキダ」 「え?」 これは卒業パーティーの日に婚約者によって叫ばれた棒読みの何かだった。棒読みすぎて内容が頭に入らないのは後にも先にもこの時だけだろう。 「ふん!ショックか?ショックだろう!だ、ダガ、コンヤクハキハケッテイジコウダ」 「申し訳ありませんがもう一回お願いします!」 「もう一回……だと!?」 「内容が頭に入らなかったので」 「し、仕方ない後一回だけだぞ!キサマトハコンヤクハキダ!」 「そう、ですか」 やはり肝心なとこだけ何度聞いても棒読み。大変なことのはずなのに棒読みが気になりすぎてまともに話せるか心配です。 作者の息抜き作品です。機種変もして最近全く書いてないので練習作品でもあります。 ふっと笑えるような作品を今回目指します。
24h.ポイント 14pt
小説 28,558 位 / 187,443件 恋愛 12,104 位 / 56,790件
文字数 6,482 最終更新日 2023.07.15 登録日 2023.07.12
恋愛 連載中 短編 R15
生まれたときから何をしても完璧で、整いすぎた容姿と無機質とも言えるくらいに欠落した感情により、笑わない人物として、『人形王子』と影で言われてきた私は、その名の通り、周囲の言葉に惑わされるどころか心ひとつ動かなかった。 それが例え身内であろうとも。それでも、この国の王太子として国王である父の仕事も子供の頃から手伝い、失敗ひとつなく支えているのも知り渡っているため、舐められるようなことはない。 そんな私にも一人だけ感情を揺らがせるものがあった。唯一私が望み、叶えてもらった将来を約束した婚約者エリーゼ・ファルセ。 人形王子と言われる私を、人間とし動かしてくれる彼女は、嫌われものだった。幼い頃から公爵家の令嬢として生まれた彼女は、私と違い感情豊かで貴族としてはあるまじき姿を見せてきた。 幼い頃からいたずら好きで、不器用で、負けず嫌い。あまりに感情豊かでやりたい放題な彼女に周りは離れていって、残ったのは権力目当ての取り巻き。それでも私は、 ただただそんな彼女に惹かれた。 バカで我が儘で自分に素直な彼女に。 そんな彼女を誰が嫌おうと私は気にしなかった。彼女がそれで楽しくいられるなら私の権力すらもおもちゃにしよう。 だけどここ最近。どうやら彼女を悪く言う噂が流れているみたいだ。 「どうしてやろうかな…………」 エリーゼは我が儘だけど、決して悪い子ではないと教えてやらないとね……?
24h.ポイント 14pt
小説 28,558 位 / 187,443件 恋愛 12,104 位 / 56,790件
文字数 11,456 最終更新日 2023.07.06 登録日 2021.12.30
BL 連載中 長編 R18
時に愛を求め諦めて、時に尊敬の念を抱きつつ抑え込んで、時に吐き出せない感情を全て憎しみに変えて、死ぬ瞬間すら僕だけの世界の中心にいた兄。 僕はそんな兄に憎まれて殺された。理由は単純に兄の大事な人を殺そうとしたから。 「いくら俺を嫌っても構わない。だが、周りを巻き込むお前には失望した」 失望するほどのものすらなかったくせに。そう思うのに、わかっていても僕は最後まで兄に執着してしまったのが運の尽き。嫌いという感情だけならどんなによかったか。 ただ僕は兄を自分の力で笑顔にさせてみたかったのだと死ぬ間際に理解したが、もはや叶うものでもない。 僕ができたことは今までの冷たい兄とは違う苦痛な表情を引き出させたくらい。それも僕が死ぬからではなく、兄の愛した人へ手を出した怒り故なのだから救われない。 それでも本当の想いを思い出し、死ぬ前に幸せになってと願い、言葉にしたことで、苦痛の表情から驚きを見せた兄の表情の変化に、自分が変化させた兄の表情という実感に、それが笑顔ではなくともそれを見て死ねることに後悔はなかった。 なのに、僕はまた同じ人生をやり直す羽目になった。僕には無縁とも言えた愛の神とやらのせいで。 戻ったところで僕がいくら頑張っても兄を笑顔にできないのはわかっているのだから、さっさと死んでやると思っていたのにうまくはいかないし、喋る猫が気がつけば傍にいるし、英雄王とも言われた兄は一度目とは違い正反対の悪の皇帝、暴君と言われていながら逆に僕にだけは態度が違ってなんだか怖い………一体何がどうなってるの? ご都合主義なところもあります。BL大賞にも応募しますので応援いただけたら嬉しいです!
24h.ポイント 28pt
小説 20,476 位 / 187,443件 BL 5,210 位 / 24,268件
文字数 48,448 最終更新日 2022.12.08 登録日 2022.10.22
恋愛 完結 ショートショート
「ああ、マリア……!愛してるよ………!」 マリア、それは妻の私ではない名前。 「なんて可愛いんだ!」 夫は堂々と家の中で愛を叫び、可愛いと私以外に言う。寧ろ外では決してしない。 私は夫だけを愛しているのに………あまりにうるさく、腹が立った私はあらゆる権力を使ってその存在を抹殺することに決めた。 「ミスティー!それだけは………それだけはやめてくれ!」 「やっと名前を呼んでくれたのね。でももう遅いわ」 これはその存在の首を私が折るまでのお話。 あらすじこそこんなんですが、全然グロテスクじゃないことは保証します。あくまでラブコメディ。何がどうしてそうなる?とタイトルに釣られた読者様方、是非謎を解明してください。謎と言うほどではありませんが。 すっと始まってすっと終わります。暇潰しにどうぞ。
24h.ポイント 28pt
小説 20,476 位 / 187,443件 恋愛 8,926 位 / 56,790件
文字数 1,747 最終更新日 2022.10.27 登録日 2022.10.27
恋愛 完結 ショートショート
「君とは婚約破棄だ!ジーメッツ(悪役令嬢)!」 「そんな………何故ですの!?ツッコン殿下(皇太子)!」 「君がポヤン(ヒロイン)をいじめるような人だからだ」 「誤解ですわ!私は………!」 「え?わたし、いじめられたんですかあ?」 「あれだけしていじめられた自覚がないですって!?」 「おい」 嫉妬からヒロインをいじめたヒロインが大嫌いな悪役令嬢といじめられた自覚のない悪役令嬢が大好きなぽやぽやヒロインとうまく話が進まずツッコミ役となるヒロイン大好き皇太子の婚約破棄騒動(?)を是非ごらんあれ!
24h.ポイント 0pt
小説 187,443 位 / 187,443件 恋愛 56,790 位 / 56,790件
文字数 8,333 最終更新日 2022.10.07 登録日 2022.10.02
BL 連載中 短編 R18
会社の仕事中、急な心臓発作により同僚たちの声を最後に意識を失った。そうして死んだはずの僕が、次に目を覚ました時、何故かボロボロの奴隷少年に。 最初こそ夢かもしれないと気を強く持ったが変わらない奴隷生活に、絶望や苦痛を味わううちに諦めがつき、死にたいと思ったその時、あの人は現れたのだ。 「………?おかしいな」 「………?」 黒い髪に凍てつくような赤い目。だけど不思議と安心してしまう雰囲気がその人にはあり、その日奴隷商を営んでいるオーナーというその人に引き取られる運びとなった。 これは転生奴隷少年と死神と言われる悪役貴族の話。 R18入ります。 BL大賞応募作品です。応援いただけたら嬉しいです。
24h.ポイント 14pt
小説 28,558 位 / 187,443件 BL 7,326 位 / 24,268件
文字数 22,508 最終更新日 2022.08.31 登録日 2021.10.31
恋愛 完結 ショートショート
悪役令嬢のざまあ劇が私は前世から好きだった。だからか、死んで生まれ変わったのが前世でいう悪役令嬢そのものの人物だと自覚したとき私は周りに医者を呼ばれるほどに喜んだものだ。 私に冷たい婚約者の王子に、電波ヒロイン、私に殿下は相応しくないという攻略対象たち。 これはもう悪役令嬢によるざまあ待ったなしでは?と思うわけですよ。 るんるんの断罪劇でまさかあんなことになるとは…………誰が思います?
24h.ポイント 14pt
小説 28,558 位 / 187,443件 恋愛 12,104 位 / 56,790件
文字数 3,700 最終更新日 2022.08.19 登録日 2022.08.19
恋愛 連載中 短編 R15
私には愛する婚約者がいる。幼い頃から決まっている仲のいい婚約者が。 優しくて私だけをまっすぐ見てくれる誠実な人。嫌なことがあっても彼がいればそれだけで幸せな日となるほどに大切な人。 そんな婚約者は学園の高等部になってから変わってしまった。 「すまない!男ならみんながやってることだからと断りきれなくて……次からはしないよ!愛してるのは君だけなんだ!」 誠実から不誠実の称号を得た最初の彼の変化。浮気だった。気づいたのは周りの一部の令嬢が婚約者の浮気で落ち込むのが多くなり、まさか彼は違うわよね………と周りに流されながら彼を疑う罪悪感を拭うために調べたこと。 それがまさか彼の浮気を発覚させるなんて思いもしなかった。知ったとき彼を泣いて責めた。彼は申し訳なさそうに謝って私だけを愛していると何度も何度も私を慰めてくれた。 浮気をする理由は浮気で婚約者の愛を確かめるためなんて言われているのは噂でも知っていて、実際それで泣く令嬢は多くいた。そんな噂に彼も流されたのだろう。自分の愛は信用に足らなかったのだろうかと悲しい気持ちを抑えながらも、そう理解して、これからはもっと彼との時間を増やそうと決意した。 だけど………二度、三度と繰り返され、彼の態度もだんだん変わり、私はもう彼への愛が冷めるどころか、彼の愛を信じることなんてできるはずもなかった。 みんながやってるから許される?我慢ならなくなった令嬢たちが次々と婚約破棄をしてるのもみんながやってるから許されますよね?拒否は聞きません。だってみんながやってますもの。
24h.ポイント 14pt
小説 28,558 位 / 187,443件 恋愛 12,104 位 / 56,790件
文字数 81,758 最終更新日 2022.08.04 登録日 2022.04.10
恋愛 完結 ショートショート R15
「君は最後まで反省をしないのだな」 反省などしてしまえば私は望んだ死に方などできなかっただろう。 「ええ、だって悪いことだと思ってないもの」 悪いことだとわかっていてやっていた。その上で悪びれもせずいるかのように振る舞ってきたのだ。演劇の悪役のように。 「人を殺そうとしてよくもそんなことを……!」 人を殺すつもりはそもそもなかったことなど悟らせはしない。ただ失敗してしまって残念だとばかりに最後まで私は悪を貫く。 「だって……邪魔だったんだもの」 「………っそんな態度なら処刑を取り止める必要などなさそうだな!」 だってそれこそが私の望むものだから。元婚約者にだって私は最後まで偽りの微笑みで悪の華となろう。 そして死を迎え、計画通りになったなら、私はようやく悪の仮面を脱ぎ捨てられるのだ。死と共に。 ※連載中にしてますが、本編は一応完結です。
24h.ポイント 14pt
小説 28,558 位 / 187,443件 恋愛 12,104 位 / 56,790件
文字数 18,542 最終更新日 2022.06.22 登録日 2022.06.16
恋愛 完結 ショートショート
美女で優秀な公爵令嬢と美男で優秀な王太子はお似合いの婚約者同士として有名だ。 何より互いに相思相愛が目に見えているため、誰もが祝福している。しかし、相思相愛だからこその問題が二人にはあった。 「もう殿下とは婚約破棄しますわ!」 「そうかい?こちらこそわかってくれない君なんかとはやってられないね」 はいはい始まりましたお決まりの婚約破棄。 これもう39回目ですよ? これはすれ違う二人の…………ではなく、その面倒を見る側近の話。
24h.ポイント 0pt
小説 187,443 位 / 187,443件 恋愛 56,790 位 / 56,790件
文字数 4,110 最終更新日 2022.03.05 登録日 2022.03.02
恋愛 連載中 長編 R18
貴族世界の世で一番恐ろしいのは身分も権力も何もかもを持ち合わせた皇帝だと誰もが口を揃えて言う。しかもその皇帝は暴君と言われるほどに自分の気に入らないことには女子供であろうと容赦ない。 それでも皇帝はその暴君部分を除けば若きながらもよい君主でもあった。皇帝がいるからこそ国の平和があることを誰もが納得しているし、容姿から頭のよさ、身体能力は神に愛されすぎていると言わんばかりの最高峰でその暴君具合がなければ一度は夢見て誰もが近づいただろう。 実際はその恐ろしさ故に本当に自分に自信があるものしか近寄らないのが現実。 それでも自信を持つ高貴な令嬢は多いため、端から見れば選り取り見取りと言えた。しかし、それでも暴君皇帝は女に興味がないとばかりに未だ婚約者すらいない。女の好みすらわからぬ皇帝に暴君以外で不満があると言われれば、次期君主たる跡継ぎがいつまで経っても見出だせないことだろう。まだ適齢期をなんとか過ぎておらず若いことが救いではあった。 国の将来を考えなければならない高貴な人たちは大変だなぁと私は壁の華に徹しながら考えを連ねる。私は成人したのにあまりにも小柄で童顔。見た目が子供のようで身分も低いため男女共に相手にされない。それが嫌で理由をつけて舞踏会には出ないようにしていたのに、今日はその国の将来を考える人たちにより適齢期を迎える令嬢は強制参加させられたのだ。 せめて伯爵以上とこういうときこそ皇帝相手の見合いでもあるのだから身分制度を用いてくれればよかったのにと私は強く思った。 「貴様を俺の妻にする!」 そうしてくれればこんな変態にしか好かれない人気最下位とも言える私に皇帝から気狂いなことを言われずに済んだのに。 お母様、お父様、今日が私の命日のようです。 暴君皇帝がその一言で婚約をはしょって妻にし、幼妻を溺愛するお話。 R18は保険です。 多くの感想、お気に入り登録、しおりありがとうございます!面白ければTwitterなどで共有シェアなどで宣伝していただけましたら光栄です! 皇帝サイドも別作品にて公開中。
24h.ポイント 35pt
小説 18,154 位 / 187,443件 恋愛 7,957 位 / 56,790件
文字数 36,675 最終更新日 2022.02.24 登録日 2021.04.20
恋愛 連載中 長編 R15
乙女ゲームの悪役令嬢の結末って死ぬ運命にあるか国外追放か。で、乙女ゲーム転生で悪役令嬢になっちゃったといえば死なないためにふんばるか、国外追放やっほーいな気分でそれを目指して平民になろうとするかだと私は思ってる。 大抵転生悪役令嬢はなんだかんだいいポジション枠で幸せになるよね! なのに私は悪役令嬢に転生してると記憶を取り戻したのはいいとして既に断罪される直前。お決まりの婚約破棄後に言われたのは強制的な次の婚約先!その相手は悪役令嬢のストーカーモブで………。 「あれ?意外にいい男だ」 乙女ゲームでは声のみ出演だったモブは悪役令嬢側からしたらなしでも、私からすればありありの婚約者でした。 寧ろ推しより好みです!ストーカー、ヤンデレ、束縛上等!だってそれだけ愛されてるってことだもんね!
24h.ポイント 21pt
小説 23,929 位 / 187,443件 恋愛 10,256 位 / 56,790件
文字数 32,526 最終更新日 2022.02.23 登録日 2020.01.28
ファンタジー 連載中 ショートショート R15
こちら『婚約破棄された瞬間王子やめろ抗議が始まりました~悪役令嬢はみんなのアイドルだったようです~』の番外編作品になります。 そのため先に本編をお読みになってから読んでいただけたらと思います。 荷居人タグで婚約破棄シリーズとして出ますので、よければそちらからお探しになっていただければ簡単に探し出せます。他の婚約破棄シリーズも読んでいただければ嬉しいですが他に関してはこちらと何の関係もありません。 大人気の猫様は番外編でも活躍間違いなし!どうぞお楽しみいただけたらと思います! 「にゃ~!(絶対読んでにゃ~!)」 番外編故、話は色々あります。しかし、そこまで長くはならないと思いますのでショートショート基本一話完結型です。とはいえ終わりはないので生涯連載中! 表紙ははつ様に描いていただきました! ファンタジー染みて来たのでこちらのジャンルはファンタジーとします。
24h.ポイント 0pt
小説 187,443 位 / 187,443件 ファンタジー 42,886 位 / 42,886件
文字数 16,675 最終更新日 2022.02.22 登録日 2020.06.19
BL 連載中 短編 R18
最初は両親、次にいじめっ子、さらに次は親戚と僕に関わる人物は身内、他人関係なく死んでいく。それは病気だったり、事故だったり……殺人だったり色々な方法で。 僕だけはそれが誰の仕業か知っている。僕だけはどんな時でも彼が見えている。 しかし真実を話しても誰も信じないだろう。死神が僕の傍にいるなど。 みんな僕を『死神』と言うのに。 「おい、てめぇ!今ぶつかっただろ!あーあ、肩いてぇわ、治療費払えや!」 「………今から死ぬのに治療費いるの?」 「は?……あ、ああ、ああ……っ」 あーあ、また刑事さんに疑われちゃうなと僕は慣れた手つきで救急車を呼ぶ。 短編にするか、長編にするか迷っている作品です。とりあえず短編として書きます。
24h.ポイント 14pt
小説 28,558 位 / 187,443件 BL 7,326 位 / 24,268件
文字数 15,450 最終更新日 2021.12.20 登録日 2020.07.05
恋愛 完結 ショートショート
「へぇ、それで悪役令嬢ってなんだい?」 「もうお母さん!話がさっきからループしてるんだけど!?」 「仕方ないだろう。げーむ?とやらがよくわからないんだから」 組同士の抗争に巻き込まれ、娘ともども亡くなったかと思えば違う人物として生まれ変わった私。しかも前世の娘が私の母になるんだから世の中何があるかわからないってもんだ。 娘が……ああ、今は母なわけだが、ここはおとめげぇむ?の世界で私は悪いやつらしい。ストーリー通り進めば処刑ということだけは理解したけど、私は私の道を進むだけさ。 けど、最高の夫がいた私に、この世界の婚約者はあまりにも気が合わないようだ。 「貴様とは婚約破棄だ!」 とはいえ娘の言う通り、本当に破棄されちまうとは。死ぬ覚悟はいつだってできているけど、こんな若造のために死ぬ安い命ではないよ。
24h.ポイント 7pt
小説 35,049 位 / 187,443件 恋愛 15,103 位 / 56,790件
文字数 11,796 最終更新日 2021.11.05 登録日 2021.10.29
恋愛 連載中 短編 R15
「なるほどなるほど………詰んでない?」 悪役令嬢に転生したのを理解したときにはすでに婚約者はヒロインに攻略済み。 どうせ惨めに他を巻き込んで処刑されるくらいなら自殺すべきと考えた私は思いきって三階の窓から飛び降りてみました。 前世は屋上から落とされて死んだのだから三階なんて大して高くない。うまく死ねるかはわからないけど、一度も二度も同じこと。 なのにうまく死ねなかったことで………… なんだかおかしな展開に!? 超衝撃展開!シリアス、笑い、ホラーまで!? この展開あなたには読めますか? 12時更新
24h.ポイント 78pt
小説 11,231 位 / 187,443件 恋愛 5,040 位 / 56,790件
文字数 79,214 最終更新日 2021.10.29 登録日 2021.08.01
92 12345