荷居人

荷居人

名前適当すぎるww皆様名前感想ありがとうございます!
24 12
恋愛 連載中 長編
名前真面目版とネタ名前原作版と同じ話がありますが、来世編より話の流れは一緒でも名前変更により話内容が修正されていたりしますのでお好みの方もしくはどちらもお読みいただけたらと思います! 「君と婚約の解消をしたい」 「はい、承知いたしました」 私の初恋の人で最後の恋となる人、その相手は私の婚約者。今その立場がなくなろうとしている。 理由はわかっているし、私がそう仕向けたこと。本当は叫びたい。まだ貴方が好きで仕方ないと。貴方しか私にはいないのだと。 それでも私は貴方を幸せにはできないから、この恋は諦めるの。 「最後にひとつ聞きたい。何故あんなことを?」 「私、貴方がずっと大嫌いでしたから嫌がらせですわ」 私、貴方がずっとこれからも大好きです。 心と言葉に矛盾を持って泣き叫ぶ心の悲鳴は見てみぬふり。どうか、あの子とお幸せに。 それから婚約の解消をされた3日後に私はようやく死を迎えた。 令和元年7月8日21時50分 恋愛ランキング3位 人気ランキング3位 HOTランキング1位 令和元年7月9日18時36分 恋愛ランキング2位 人気ランキング2位 HOTランキング1位 ありがとうございます! 7/8、婚約破棄→婚約の解消としてほぼ全てのページ訂正いたしました。知識足らずすみません。
24hポイント 49,928pt
小説 28 位 / 51,050件 恋愛 16 位 / 12,143件
文字数 103,490 最終更新日 2019.07.21 登録日 2019.07.07
私の好きな人はクズ男と有名だ。 付き合う女は取っ替え引っ替え、二股は当たり前、友人はガラが悪いし、喧嘩もするし、学校だってサボるし、弱いものいじめだってするようなクズとしてとにかく有名だ。 それでも私は彼が好きだし、彼が私をなんだかんだ好きなのも知っている。 「何見てんだ!こっち向くな!…………ぶぶぶす!」 「うん、ごめん」 これ、照れてんの。可愛いでしょ?私相手には悪口がうまく言えないようでして。 基本無表情で可愛いげのない地味子とクズとして有名な男のラブコメディー! 気晴らし作品第二弾!
24hポイント 2,764pt
小説 494 位 / 51,050件 恋愛 226 位 / 12,143件
文字数 8,139 最終更新日 2019.07.21 登録日 2019.07.21
私が仕事に向かう途中に出会ったのは鳩でした。 人間みたいな鳩に思わず笑みが浮かんだ荷居人の本当にあった7/17のお話。
24hポイント 425pt
小説 2,215 位 / 51,050件 エッセイ・ノンフィクション 21 位 / 1,297件
文字数 1,078 最終更新日 2019.07.18 登録日 2019.07.18
ミステリー 完結 ショートショート
目が覚めた時、部屋も僕も真っ赤に染まっていました。 ミステリーっぽいけど違うミステリー詐欺です。ジャンルわからなかった…………。
24hポイント 1,874pt
小説 668 位 / 51,050件 ミステリー 5 位 / 1,389件
文字数 899 最終更新日 2019.07.18 登録日 2019.07.18
恋愛 完結 短編 R15
乙女ゲームの転生話はライトノベルでよくある話。それで悪役令嬢になっちゃうってのもよく読むし、破滅にならないため頑張るのは色んなパターンがあって読んでいて楽しい。 そう読む分にはいいが、自分が死んで気がつけばなってしまったじゃなく、なれと言われたら普通に断るよね。 「どうあがいても強制的処刑運命の悪役令嬢になりたくない?」 「生まれながらに死ねと?嫌だよ!」 「ま、拒否権ないけどさ。悪役令嬢でも美人だし身分も申し分ないし、モブならひっかけられるからモブ恋愛人生を楽しむなり、人生謳歌しなよ。成人前に死ぬけど」 「ふざけんなー!」 ふざけた神様に命の重さはわかってもらえない?こんな転生って酷すぎる! 神様どうせ避けられないなら死ぬ覚悟するからひとつ願いを叶えてください! 人生謳歌、前世失恋だらけだった恋も最悪人生で掴んでやります! そんな中、転生してすぐに幽霊騒ぎ?って幽霊って私のこと!? おい、神様、転生なのに生まれ直すも何も処刑された後ってどういうこと?何一つ学んでないから言葉もわからないし、身体だけ成人前って………どうせ同じ運命ならって面倒だから時を早送りしちゃった?ふざけんなー! こちら気晴らし作品。ラブコメディーです。展開早めの短編完結予定作品。
24hポイント 1,192pt
小説 956 位 / 51,050件 恋愛 420 位 / 12,143件
文字数 8,611 最終更新日 2019.07.16 登録日 2019.07.13
恋愛 連載中 長編
若くして優秀、若くして公爵家当主、王家にも信頼され、何をしても完璧な男ルーベルト・ラヴィン公爵。 難点は不眠症故に消えぬクマで眠いのに寝付けないと普段から目付きが悪いこと。顔が整っているからこそ迫力は半端なく、眠れないせいか頭痛のために口数が少ないのも災いし、女の影がない。 心配した彼の友人にして国の第一王子を筆頭に、王家は優秀な遺伝子をなくさないため、彼の婚約者探しを目的とした婚活パーティーを開いた。 「うたた寝でもいい!どんな手を使っても彼を眠りにつかせられた者に我が友人にして公爵家ルーベルト・ラヴィンの婚約者とする!」 不眠症と婚約者、両方が得られれば彼にとっても王家にとっても、よい成果となる。しかし、彼を寝かせた令嬢は現れたものの寝かせたそれは予想外の寝かせ方だった。 とはいえ、長く悩んだ不眠症故に、長時間眠る術をくれた別の悩みを持ったネムリン・トワーニ伯爵令嬢を、ただひとりの眠りをもたらしてくれる女神として、過保護に溺愛するようになるルーベルト。 「頭痛がない、眠くない、頭がスッキリとしている。今の俺は女神ネムリン嬢のためならなんでもできる」 「君がそこまで明るく義務報告以外で二言以上喋るところを初めて見たよ。幸せそうで何よりだ。ネムリン嬢に会いたいならとりあえず仕事を進めてほしいんだが」 「終わった」 「は?」 「ネムリン嬢を愛でてくる」 「いや、ちょ………」 不眠症から解き放たれたルーベルトの変わりようは周囲を驚かせる。互いを知るための王家に指示された婚約期間さえ押し退けて早くネムリンを妻にしたい願望が宿るルーベルトだが、ネムリンはそうではないようで………。 出会う前からの個人の悩み、互いに惹かれ合えば合うほどにすれ違う悩み、そしてその悩みに対する想いの先は? 「君が他に想う人がいても、もう離してやれそうにない。君の本当の幸せを願えない俺は最低だな」 「こんな私があの優しく完璧なお方の妻に相応しいはずがない。せめて婚約の期間だけでも貴方の傍にいたい」 基本コメディになってしまったラブコメによる二人が結婚するまでの話。3章でようやくラブ突入………? 貴族知識に疎いながらに書いている作品なため、是非おかしい部分あれば申していただけるとありがたいです。。 指摘に感謝感謝!公開したまま修正して申し訳ないですがご勘弁を。 恋愛大賞51位でした。更新滞ってしまったのがよくなかったですね。ですが、皆様ありがとうございました。
24hポイント 1,379pt
小説 835 位 / 51,050件 恋愛 371 位 / 12,143件
文字数 96,078 最終更新日 2019.07.15 登録日 2019.01.11
恋愛 連載中 長編 R15
「気に入らないものに対して身分を盾に数々の嫌がらせ行為………我慢ならん!貴様との婚約は破棄とする!それだけでなく、私の未来の妻、つまりは未来の王妃を傷つけた罪は重い。身分剥奪どころか貴様など処刑だ!」 どれもこれも知らぬ存ぜぬばかりのことでこのバカ王子は確たる証拠もなく私に婚約破棄、意味のわからない罪状で処刑と人の多く集まる場で叫んだ。 私と二人で話す場であればまだ許したものを………。見え透いた下心丸出しビッチ令嬢に良いように操られるバカな夢見る王子には教育が必要なようです。 「婚約破棄の前にまずは私の罪状をもう一度お聞かせ願えますか?」 私を悪役扱いするならば望み通りあえて悪役となって差し上げましょう。その程度で処刑?バカが聞いて呆れるというもの。 処刑になる気もしませんが、万が一の可能性が少し、ほんの少しもないとは言えません。もしそうなった時何もせず言われたままで終わるなんてそれこそ屈辱。 ならばいっそ、処刑されても当たり前ねと思えるくらいの悪役を見せてあげようではありませんか。 そして証明しましょう。私ならそんな貴方たちの考えたバレるような悪役など演じないとね。 恋を諦めて政略結婚のために我慢してきた鬱憤も今この場で晴らしましょう。私だって嫌々なのに大概にしてくださいませね?お・う・じ・さ・ま・?
24hポイント 2,335pt
小説 561 位 / 51,050件 恋愛 252 位 / 12,143件
文字数 30,078 最終更新日 2019.07.14 登録日 2019.01.26
BL 連載中 長編 R15
病気で何もできずに死んでしまった僕。最後まで家族に迷惑をかけ、疎まれ、ただ寝てぼーっとする日々に、何のために生きてきたのかわからない。 生まれ変わるなら健康な体で色んなことをしたい、こんな自分を愛してくれる人と出会いたいと願いながら僕は、15歳という若さで他界した。 そんな僕が次に目を覚ませば何故か赤ちゃんに。死んだはずじゃ?ここはどこ?僕、生まれ変わってる? そう気づいた頃には、何やら水晶が手に当てられて、転生先の新たな親と思われた人たちに自分の子ではないとされ、捨てられていた。生まれ変わっても僕は家族に恵まれないようだ。 このまま、餓死して、いや、寒いから凍えて赤ん坊のまま死ぬのかなと思った矢先に、一人のこの世のものとは思えない長髪で青く輝く髪と金色に光る冷たい瞳を持つ美青年が僕の前に現れる。 「赤子で捨てられるとは、お前も職業に恵まれなかったものか」 そう言って美青年は、赤ん坊で動けぬ僕にナイフを振り下ろした。 人に疎まれ同士、次第に依存し合う二人。歪んだ愛の先あるものとは。 BLとして書き直します。
24hポイント 156pt
小説 4,394 位 / 51,050件 BL 573 位 / 4,157件
文字数 8,567 最終更新日 2019.07.02 登録日 2019.01.01
恋愛 連載中 短編 R15
一度目は思うままに行動していて何故婚約者である殿下から婚約破棄と処刑を言い渡されたのか理解できなかった。 二度目は何故同じ人生を歩んでいるのか混乱したままに、自分の身体でありながら自由にはできずどうなるかわかっているのにバカみたいに同じことをして婚約破棄どころか同じように処刑された。 三度目はまたかと自分の人生なのに客観的に見ているような気分で同じ人生をただただ繰り返して反省した。何故自分が婚約者に、友人に、親にすら見放されたのか理解して。三度も繰り返してようやく理解した自分がどうしようもなく愚かであると理解した。きっとこれは神様から一度目で反省できなかった愚かな自分への罰なのだとも。 四度目は許してと、こんなこと言いたくない!したくない!ごめんなさい!とたくさん叫んだ。だけど、誰にも届くことはない。だんだんと周囲が呆れ、怒り、自分を見放していく姿がわかっているのにまるで操られるように一度目と同じことを繰り返す。 五度目、六度目………二桁となっても繰り返したその人生に私の誰にも届かない心は折れた。壊れかけたのが何度目の人生だったかは忘れた。パキリパキリと壊れ、こんな醜い愚かな自分はもう見たくないから始まり、いつ日か自分は死ぬべき人間なのだと早く殺してと思うようになった。 生きている価値のない私は死ぬのが一番なのだと。それは百と三桁まで上り詰めた繰り返す人生でようやく自由な身体と声を取り戻しても変わることはない。 「生きててごめんなさい」 今日も私は自由な身体を死へと追いやる。
24hポイント 468pt
小説 2,024 位 / 51,050件 恋愛 794 位 / 12,143件
文字数 39,692 最終更新日 2019.05.17 登録日 2019.04.07
恋愛 連載中 ショートショート
仕事が増え、更新が大変になってきたため、気まぐれ更新になります。 『悪役令嬢は今日も泣いている』の感想お礼小話集が本編並になってきたため、感想をくださった読者様の案を採用。 こちらに感想お礼小話をまとめたいと思います!なお、ここの作品に対しての感想もお礼小話として掲載させていただきますが、優先難易度は感想の日付と本編の感想優先とさせていただきます。
24hポイント 63pt
小説 7,047 位 / 51,050件 恋愛 2,540 位 / 12,143件
文字数 44,427 最終更新日 2019.02.24 登録日 2018.12.09
恋愛 連載中 長編
「まおうしょうかんしちゃったあぁぁっうわあぁぁんっ」 ひとりの少女は、前世の記憶を思い出して泣いていた。今の自分の姿に、未来のどうなるかを知って。 それを回避したくてもその原因になることをやらずにはいられなかった。その名も『悪魔召喚』。自分がRPGを兼ねた乙女ゲームの悪役令嬢であるためにこれからを考えると耐えきれないと思ったためだ。 これはすぐ泣く悪役令嬢と悪役令嬢の保護者化していく魔王のラブコメディ・・・? 12/7.午前11時確認。人気小説ランキング2位、恋愛小説ランキング1位と嬉しい結果!皆様ありがとうございます! 12/9.ミーアと魔王、途中からプラスアルファによる感想お礼によるコメント話作品公開。タグ検索くまさんで是非本編と別に読んでいただければ!本編以上にふたりの可愛い姿が見られるかも?詳細は0章にて。
24hポイント 248pt
小説 3,347 位 / 51,050件 恋愛 1,217 位 / 12,143件
文字数 59,822 最終更新日 2019.02.12 登録日 2018.12.04
ファンタジー 連載中 ショートショート
白雪姫、桃太郎、シンデレラ、浦島太郎………世の中には誰もが知るおとぎ話がある。 そんな人たちが現実に来た! 相手は強盗に、女子高生に、警察官? ふざけたコメディが炸裂する。 1章ごとの完結型。思い付き更新のため、常に連載中。ストーリー性はありません。 ファンタジーとは名ばかりのギャグコメディー。ジャンルにギャグコメディーを運営さん!
24hポイント 28pt
小説 10,533 位 / 51,050件 ファンタジー 2,687 位 / 16,711件
文字数 2,391 最終更新日 2019.01.22 登録日 2019.01.22
恋愛 完結 ショートショート
「私、とても幸せよ」 そう言って姫様は笑った。 叶わぬ恋だと知っている。それでも姫様が俺を望むなら恋に逃げたりはしない。 姫様のためなら王も王子も国だって裏切る覚悟だ。 叶う恋があるなら叶わぬ恋だってある。 ひとりの騎士の想いを綴ったショートストーリー。
24hポイント 56pt
小説 7,438 位 / 51,050件 恋愛 2,675 位 / 12,143件
文字数 2,821 最終更新日 2019.01.21 登録日 2019.01.21
恋愛 連載中 長編
「私、好きな人には私が亡くなった後、幸せになってほしいの」 乙女ゲームの世界で前世御堂桜の記憶を思い出した桜。桜が転生したのは、悪役令嬢に処刑の最後まで付き従った侍女だった。 そして知る。悪役令嬢が最後まで悪役を貫いたその訳を。悪役令嬢の処刑まで後1年、余命は1年半。 「私はお嬢様に幸せになっていただきたいんです!」 果たして侍女は悪役令嬢を幸せにできるのか。
24hポイント 213pt
小説 3,720 位 / 51,050件 恋愛 1,357 位 / 12,143件
文字数 11,821 最終更新日 2019.01.10 登録日 2019.01.02
恋愛 連載中 長編 R15
「私、アルノード公爵家の娘、スフィア・アルノードと申します。」 そう第一王子に挨拶をした彼の父に差し向けられた婚約者スフィアは、目が見えているのかというくらいに口以外、顔全体に包帯が巻かれ、顔を見ずとも、成長途中の子供とわかるそれでありながら、子供とは思えない真っ白に染まるストレートになびく髪をしていた。 僅か10歳にして女嫌いで有名な王子にとって、未だ7歳の婚約者との初の逢瀬は、一目から衝撃的な出会いとなった。 女嫌いな王子がある秘密を持つ奇行令嬢の婚約者に振り回されるお話。
24hポイント 149pt
小説 4,466 位 / 51,050件 恋愛 1,627 位 / 12,143件
文字数 69,239 最終更新日 2018.12.29 登録日 2018.11.19
BL 連載中 長編
何度も見る夢があった。孤独から救い出してもらうそんな夢。起きた頃には幸せな夢なはずなのに現実にその救い出してくれた人がいないことが悲しくて、泣く毎日。 別に不幸でも、なんでもない普通の生活は幸せなはずなのに物足りなくて、神社に行っては神様にすがりたくなるような気持ちなるのは何故だろう? そんな変わらぬ日。いつもと違う夢を見た。 『ようやく、捕まえた』 そこに手を伸ばし、目を見開くと目の前にはぷるんぷるんとした喋る生物がいた。 どうやら俺はスライムに召喚されたようだ。え?普通逆じゃない?俺の世界には魔法すらないけど。 スライムの従魔になった俺の冒険の旅。知らない異世界で優しく強いスライムに、なんでだろう?帰りたいとは思わなかった。 スライムでBL迷いましたが、始まりました初めての友達は神様でした~神様はなんでもありのチートです~第二章ここに開幕!
24hポイント 113pt
小説 5,108 位 / 51,050件 BL 694 位 / 4,157件
文字数 28,249 最終更新日 2018.12.26 登録日 2018.10.13
恋愛 完結 長編 R18
私の旦那は5歳年上。私が高校卒業と共にプロポーズされ、翌日に結婚。ちなみに恋人歴はない。 なぜ、プロポーズを受けたかって?付き合ってもない彼は、何故か私のだらしないところどころか私生活をも知っていて、なのにそれ含め好きだと言われ、顔はいいし、明らかに高そうな車に乗って、高そうな指輪を渡されればお金持ちなのもわかった。 恋愛なんてしたことも興味もなかった私は、プロポーズされる前に父が話していた恋愛を知るチャンスじゃないかと考えた。どうせ友人はひとりでモテもしない。結婚してから恋愛を、恋を知ればいい。生活も安定するなら何一つ問題ないというわけで了承。 卒業式の名残で泣いていた隣の友人の涙は止まっていて、唖然としていたし、一緒に帰ろうとしていた両親は本気か?と絶句していた。 何故なら彼にかけた私の最初の言葉は 「誰ですか?」 だったのだから。 10/30恋愛ランキングついに7位、小説ランキング20位にランクイン!HOTランキング3位!読者様ありがとうございます! 感想は必ず返信いたしますので、書いてくださった方は、大したことはないですが、ぜひ返信内容を見ていただけたらと思います。どんな感想も全てネタバレ含むで承認させていただきます。
24hポイント 319pt
小説 2,719 位 / 51,050件 恋愛 1,017 位 / 12,143件
文字数 79,006 最終更新日 2018.12.01 登録日 2018.10.25
BL 完結 長編 R18
BL大賞20位。読者様ありがとうございました。 弟が生まれた日、足を滑らせ、階段から落ち、頭を打った俺は、前世の記憶を思い出す。 そして知る。今の自分は乙女ゲーム『王座の証』で平凡な顔、平凡な頭、平凡な運動能力、全てに置いて普通、全てに置いて完璧で優秀な弟はどんなに後に生まれようと次期王の継承権がいく、王にふさわしい赤の瞳と黒髪を持ち、親の愛さえ奪った弟に恨みを覚える悪役の兄であると。 でも今の俺はそんな弟の苦労を知っているし、生まれたばかりの弟は可愛い。 そんな可愛い弟が幸せになるためにはヒロインと結婚して王になることだろう。悪役になれば死ぬ。わかってはいるが、前世の後悔を繰り返さないため、将来処刑されるとわかっていたとしても、弟の幸せを願います! ・・・でもヒロインに会うまでは可愛がってもいいよね? 本編は完結。番外編が本編越えたのでタイトルも変えた。ある意味間違ってはいない。可愛がらなければ番外編もないのだから。 そしてまさかのモブの恋愛まで始まったようだ。 お気に入り1000突破は私の作品の中で初作品でございます!ありがとうございます! 2018/10/10より章の整理を致しました。ご迷惑おかけします。 2018/10/7.23時25分確認。BLランキング1位だと・・・? 2018/10/24.話がワンパターン化してきた気がするのでまた意欲が湧き、書きたいネタができるまでとりあえず完結といたします。 2018/11/3.久々の更新。BL小説大賞応募したので思い付きを更新してみました。
24hポイント 1,931pt
小説 652 位 / 51,050件 BL 75 位 / 4,157件
文字数 179,204 最終更新日 2018.11.24 登録日 2018.10.06
BL 完結 短編 R18
表世界だけで生きる人々は、犯罪という殺しが許される冷たい世界を知らない。 裏世界だけで生きる人々は、生きていく上で感じられる幸せの温かさを知らない。 表と裏の世界の両方を知ることが許された者たちは、世界を牛耳ようとするくせ者たち以外存在せず、今日も穏やかに進む表世界を眺めながら、裏世界で両方の世界を牛耳るために静かな争いを繰り広げる。 そこに正義の文字はなく、止める手の者は世界に殺され、裏世界の人間は、表世界へ行くことが許されず、表世界のものが、一度裏世界に迷い込めば命はない。 ただ、例外が一人・・・いや、二人。伝説の殺し屋と言われた男と、その息子と言われる人物たちだけは、誰にも手が出せない。 あらゆる訓練で伝説の男を越えたと言われる息子16歳が、ついに表世界へ顔を出す。訪れるのは二度目。彼は彼自身の決めた主のために自重をせず、主に尽くすために必要のない高校入学を果たすのだった。 亀更新です。申し訳ありません。
24hポイント 71pt
小説 6,701 位 / 51,050件 BL 909 位 / 4,157件
文字数 16,759 最終更新日 2018.11.12 登録日 2018.10.13
BL 完結 ショートショート
「やっぱり・・・椎名!やっと見つけた!」 「え?え?」 ってか俺、椎名って名前じゃねぇし! 中学3年受験を控える年になり、始業式を終え、帰宅してすぐ出掛けたコンビニで出会った、高そうなスーツを着て、無駄にキラキラ輝いた王子のような男と目が合い、コンビニの似合わない人っているんだなと初めて思った瞬間に手を握られ顔を近づけられる。 同じ男でも、こうも無駄に美形だと嫌悪感ひとつ湧かない。女ならばコロッとこいつに惚れてしまうことだろう。 なんて冷静ぶってはいるが、俺は男でありながら美形男性に弱い。最初こそ自分もこうなりたいと憧れだったが、ついつい流行に乗ろうと雑誌を見て行く内に憧れからただの面食いになり、女の美人よりも男の美人に悶えられるほどに弱くなった。 なぜこうなったのかは自分でもわからない。 目の前のキラキラと俺を見つめる美形はモデルとして見たことはないが、今まで見てきた雑誌の中のアイドルやモデルたちよりも断然上も上の超美形。 混乱して口が思うように動かずしゃべれない。頭は冷静なのにこんな美形に話しかけられれば緊張するに決まっている。 例え人違いだとしても。 「男に生まれているとは思わなかった。名前は?」 「い、一ノ瀬」 「名字じゃない、名前を聞いているんだよ」 「うっ姫星」 イケメンボイスとも言える声で言われ、あまり好きではない女のような名前を隠さずにはいられない。せめて顔を離してくれればまだ冷静になれるのに。 「僕は横臥騎士、会えて嬉しいよ。今回は名前だけ知れたら十分だ。きあら、次こそはキミを幸せにするよ」 「はい・・・おうが、ないと様」 「フルネーム?様もいらない。騎士と呼んで」 「騎士・・・?」 「そう、いいこだ。じゃあ、明日からよろしくね」 そう言って去る美形は去り際までかっこいい姿に見惚れて見えなくなってから気づいた。美形男のおかしな発言。それと明日?? まさかこれが俺の前世による必然的出会いで、翌日から生活に多大な変化をもたらすとは誰が思っただろう。 執着系ストーカーでありながら完璧すぎる男と平凡を歩んできた面食い(男限定)故、美形であればあるほど引くぐらいに弱い平凡男の物語。
24hポイント 42pt
小説 8,623 位 / 51,050件 BL 1,202 位 / 4,157件
文字数 10,453 最終更新日 2018.10.24 登録日 2018.10.24
24 12