死神に愛された僕は

最初は両親、次にいじめっ子、さらに次は親戚と僕に関わる人物は身内、他人関係なく死んでいく。それは病気だったり、事故だったり……殺人だったり色々な方法で。

僕だけはそれが誰の仕業か知っている。僕だけはどんな時でも彼が見えている。

しかし真実を話しても誰も信じないだろう。死神が僕の傍にいるなど。

みんな僕を『死神』と言うのに。

「おい、てめぇ!今ぶつかっただろ!あーあ、肩いてぇわ、治療費払えや!」

「………今から死ぬのに治療費いるの?」

「は?……あ、ああ、ああ……っ」

あーあ、また刑事さんに疑われちゃうなと僕は慣れた手つきで救急車を呼ぶ。




短編にするか、長編にするか迷っている作品です。とりあえず短編として書きます。
24hポイント 71pt
小説 11,388 位 / 127,896件 BL 2,249 位 / 14,092件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

国王様は新米騎士を溺愛する

BL / 完結 24h.ポイント:191pt お気に入り:2804

首輪のわ

BL / 連載中 24h.ポイント:773pt お気に入り:649

愛玩人形

BL / 連載中 24h.ポイント:242pt お気に入り:14

この世界に終わりを告げて

青春 / 連載中 24h.ポイント:28pt お気に入り:6

イケメン教師陵辱調教

BL / 連載中 24h.ポイント:2364pt お気に入り:1887