Love forever

十二月二十四日、クリスマスイヴ。この日は俺の誕生日であり、大切なものを失った日。
ずっと自らを呪い続け、けれども再び逢えることを望み続けていた俺の目の前に現れたのは、日本人離れした美しい容姿を持つが、口がとても悪い自称〈天使〉だった。

※※※
※は残酷描写が含まれます。
24hポイント 14pt
小説 8,548 位 / 35,127件 恋愛 2,759 位 / 8,217件