日高見の空舞う鷹と天翔る龍 異界転生編

 なんか、ガチャを引いているみたいで、俺は段々面白くなってきた。


「よし、つぎは・・ヴィルーパークシャ広目天)!」


 光の中から出てきたのは・・・赤ら顔の高結い髪、皮の甲冑に右手には三鈷戟、左手には羂索(両端に金具を付けた捕縛縄)を持っている。


「か、カッコイイ・・。」

「え~と、ナーガ(龍王)!」


 広目天の右目から出てきたのは、銀色に輝く鱗を持った巨大な龍。

 そして龍がその身を翻すと、黒髪に金色の瞳をもった妖艶な雰囲気を漂わせる、美女が立っていた。

 その手には、刀と宝玉が握られている。


 ・・・・はっ!思わず見とれてしまった。


「コホン。つぎいくよ、ブランナ(富単那)!」


 次に左目から出てきたのは、黒髪に緋色の瞳、褐色の肌をした、こちらも負けず劣らず妖しげな色気を発散する、美女だった。


 うわ~、美女ばっかり出てきた!


「あら、かわいいあるじ様だこと。」

「ほんとに。」

「ふふふ、食べてしまいたいわね。」

「そうね。うふふっ。」


なぜか、奈良末期から平安初期の古代日本に転生することになった主人公が、
チート能力を得て繰り広げられる、神、仏、人、魑魅魍魎の戦いの物語。
和製『剣と魔法の物語』です。
登場するのは、真言密教開祖 弘法大師空海、天台密教開祖 伝教大師最澄、

征夷大将軍 坂上田村麻呂、伝説の蝦夷の酋長 大墓公 アテルイ、etc・・・
24hポイント 0pt
小説 148,865 位 / 148,865件 ファンタジー 35,462 位 / 35,462件