ドラゴンと龍のサーガ ~反逆の竜~



「ヴァイシュ様!・・なぜです!!私たちはいずれ夫婦になると約束したではないですか!?」

ルシルは、未来の夫になるはずだったヴァイシュラの腰に縋りつく。

「ルーシー・・いや、ルシル・スペンサー。そなたとの婚約は破棄だ。理由は聞くな」

ヴァイシュラは、縋りつくルシルを振り返ることもなく言葉を投げつけた。



「ど、どうして・・・・」

最愛の婚約者からの、突然の言葉に力なく蹲るルシルを置いて、ヴァイシュラは彼女の居室を出ていくのだった。
24hポイント 0pt
小説 149,033 位 / 149,033件 ファンタジー 35,558 位 / 35,558件