公爵子息の母親になりました(仮)

幼い頃に両親を亡くした伯爵令嬢のエルシーは、伯爵位と領地を国に返して修道院に行こうと思っていた
しかしそのタイミングで子持ちの公爵ディアンから、結婚の話を持ちかけられる

一人息子アスルの母親になってくれる女性を探していて、公爵夫人としての振る舞いは必要ない、自分への接触も必要最低限でいい
そんなディアンの言葉通りに結婚を受けいれたエルシーは自分の役割を果たし息子のアスルに全力の愛を注いでいく

「私の可愛い子。たった一人の私の家族、大好きよ」
「エルシー! 僕も大好きだよ!」

「彼女、私を避けすぎじゃないか?」
「公爵様が言ったことを忠実に守っているだけじゃないですか」
24h.ポイント 404pt
5,021
小説 2,865 位 / 186,918件 恋愛 1,357 位 / 56,670件