冒険者引退したら幼女と変な石が付いて来た

少女の手には不思議な石が握られていた、石が少女に囁く。
「多分、違う道だぞ?」
「五月蝿い! 良いから黙って着いてくればいいの!」
「現状動けんのだから付いていくしかないだろう?」
コレは不思議な石と少女の話。

前回タイトル
少女は石と旅に出る

24hポイント 0pt
小説 80,344 位 / 80,344件 ファンタジー 23,107 位 / 23,107件