時空を駆ける荒鷲 外史 F-3乱世の空を疾駆する

 異世界における、"新世界の羅針盤"と名乗る平和維持軍将兵たちの反乱、世に言う"ボ神戦争"から一年が過ぎた。
 ロランセア、ナゴワンド両大陸の西方に位置する、カーラー王国に内乱が発生。
 難民の流入や海賊の跳梁などの社会不安を懸念した環大陸連合国は、平和維持軍の派遣を決定。
 新鋭機、F-3の部隊を率いる若き指揮官、相馬猛徳一尉は、戦いの中、この地であれば自分の理想とする国家と軍隊を作れるという野心に目覚めていく。
 それは、強権的なやり方をよしとしない、F-15J部隊指揮官、龍坂玄治郎一尉の反発を買うこととなる。
 また、反乱軍の残党である、ハーグ・サクソン大尉は、王国南部に軍閥を築いていた。
 平和維持軍によって極秘に開発された操縦システム”エイトセンシズ”システムは、思考によるダイレクトな兵器の操作を可能とし、異世界の出身者にも近代兵器の扱いを可能としていく。現地の人間を戦いに巻き込んでいく大きな原因となっていくのだった。
 事態は次第に天下三分の様相を呈していく。
 
 異世界におけるドッグファイトを中心としたストーリーのアウターストーリー。
 どういうわけか、女性の割合が高い部隊を率いる指揮官たちの物語。
24hポイント 0pt
小説 50,975 位 / 50,975件 ファンタジー 16,689 位 / 16,689件