ゆびきりげんまん

気付いたら、不思議な世界にいた実琴(みこと)。
どこかで見たような街並み。ビル街。
行き交う人々はいるのに、誰も実琴に気付かない。

さまよう彼女が見つけたのは、1人の少女・・・を誘拐しようとする4人組!!
ハリセンを手に、実琴は立ち向かう。

実琴「なぁ~にを、やっとるかぁ~~~~~!!」
?「ったぁー。何しやがっ・・・!?」
実琴 「何よ!! 誘拐魔!!」
?「ゆ・・・誘拐魔だぁ~!? 一体、誰に向かって!!」
実琴 「アンタよ!! アンタ!! このド変態!!」
?「よりにもよって、この俺に向かって、誘拐魔だの、ド変態だのと・・・」
実琴 「間違ってないでしょ?」
?「違うわっ!! 俺はなー!! 天遣(てんし)だ!!」


過去に上演したオリジナル舞台台本を小説として書き直しました。
上演時間60分モノなので、そこまで長くならないかと思います。たぶん。

R3,12,29追記
全12話の予定です。全部上げ終わったら、大元の台本を上げようかな~とか考え中。

R4,01,31追記
舞台台本版を、1/31 1:10より、数時間おきに順次上げていきます。(最終13時)
24hポイント 0pt
小説 140,797 位 / 140,797件 キャラ文芸 3,377 位 / 3,377件