小さな死神と老いた魔術師

 幾千年の時間を生きるとある魔術師がいた。彼は他人と触れ合わずに長い時を過ごしてきた。ある時出会ったのは、一人の小さな少女。彼女は自らを旅人と名乗ったが、あまりにも幼すぎる彼女に魔術師は首をかしげた。そして行き場のない彼女に「短い期間だけ一緒に過ごそう」と話した。
 孤独な魔術師と孤独な少女が出会い、それぞれの寂しさを抱えながら共に過ごしていく。


※この小説は下記のサイトにも投稿しています
 カクヨム→https://kakuyomu.jp/works/1177354054888820586
24hポイント 0pt
小説 53,955 位 / 53,955件 ファンタジー 17,702 位 / 17,702件