たった一つの恋

『あなたはいつだって私のヒーローだった。なぜあのとき駆け落ちでもいいからあなたと生きる道を考えなかったのか。私は後悔してそして諦めて、偽装の結婚生活を送っている』

幼い頃から孤独で生き辛さを感じていた麗は、ひたすら無垢な想いで自分に接する静流に再会した。
必然に想い合うようになった二人には親同士の悲恋に縛られ、大きな苦難があった。
愛し合う二人が何度も別れを繰り返した末、待ち受けていた運命とはー。

※ご閲覧ありがとうございます!悲恋、不倫要素あります。苦手な方には申し訳ありません。
24hポイント 0pt
小説 140,779 位 / 140,779件 恋愛 43,651 位 / 43,651件