主人公最恐小説一覧

タグ 主人公最恐×
1
1
SF 完結 長編 R15
黒桐祐美(28)は週一の休日を外にも出ずに溜め込んでいたドラマの消費をして過ごしていた。 そこに舞い込む一つの小包。 中身を確認するまでもない。 どうせ両親からのお見合いの催促が来たのだろう。 この歳までまともにお付き合いもしたことのない祐美は窮地に追い込まれていた。 そんな過度のストレス下の中、取れる手段がドラマの消化なのは色々と寂しいものがある事は誰に言われなくてもわかっている。 思い起こすのは10年前。 まだ学生時代のあの頃、祐美にもハマっていたゲームがあった。 『イマジネーションブレイブ』 世間的にはクソゲー扱いされていたが、祐美にとってそのゲームはひとりぼっちだった自分に友達を作るきっかけになった思い出の詰まったゲームだった。 流石に社会に出る時は引退したけど、いまだに思い出すのだ。 楽しかった当時の思い出を。 丁度いいタイミングで当時のゲームフレンドから連絡が入る。 それが楽しい思い出の延長を知らせるものだとはこの頃の祐美には思いもよらぬものだった。 「たまにはゲームに顔出しなさいよ」 「でも……」 フレンドからの申請に、しかし祐美は己の立場を主張する。 父の経営する会社の下請けとはいえ、社長の椅子に座ってる祐美はゲームに現を抜かす余裕はなかったのだ。 「だからこそのお誘いよ。今じゃゲーム内時間は現実の6倍で進んでいるのよ?」 「そうなの?」 「そうよ。あんたのことだからきっと心の奥に溜め込みすぎてるんでしょう? 息抜きにどう? 付き合うわよ」 「じゃあ、やってみようかな」 祐美はその日、当時の思い出の正式ナンバリングタイトルである『イマジネーションブレイブバースト』に参加する決意をした。 それがのちに一波乱起こすとは当時の祐美には思ってもいないことだった。 何せ彼女は当時、多くのプレイヤーから『魔王』『這い寄る混沌』『精霊のやべーやつ』『天災』『絶対に怒らせてはいけない人』などと呼ばれていたのだ。 そんな彼女の送るスローライフは前途多難だった。
24hポイント 0pt
小説 101,546 位 / 101,546件 SF 3,006 位 / 3,006件
文字数 516,072 最終更新日 2020.07.19 登録日 2019.09.08
1