命と愛小説一覧

タグ 命と愛×
1
 豊かな緑と青い海に囲まれた「グリーンピアト」という国。  ここには数多くの伝説が残されています。    代々の国王様はとても一途に一人の女性愛しぬいていた事でとても有名。  地上ばかりか天界と地上を結んだり、地上と地底を結んだり、産まれる前の記憶を持った子供がいたり…。  そんな多くの伝説が残された国から今回お届けするのは。  不慮の事故で愛する妻を亡くして「もう二度と恋はしない。勿論、結婚もしません」と言い切っていた国王ジュニアールが、命を懸けた手術で出会った女医のセシレーヌにもう一度恋をしたお話です。    家系の遺伝で心臓が弱く、一人で公務をこなすようになったジュニアールは弱かった心臓に負担がかかり医師からは手術を強く勧められた。  しかしこの手術の成功率は40%以下と言われ、手術をしても完全に元気になれる保証はなく万が一の場合は逆に命が短くなる場合もあると言うリスクが伴っていた。  ジュニアールは愛する妻メイシスが残した一人娘のミディスが気がかりで、リスクの高い手術をずっと迷っていた。  メイシスが事故で亡くなり10年が経過した頃。  ジュニアールは日々の忙しさで、とうとう倒れて病院に運ばれた。 「もうお待ちできません、国王様。一刻も早く、手術を受けて下さい」  そう院長のクラウドルに言われて、切羽詰まったジュニアールは手術を受ける決意をした。  手術の説明の為に病院に行った日。  クラウドルと一緒に助手として手術に付き添う事になった女医のセシレーヌがいた。  ジュニアールはセシレーヌを見た瞬間。  胸がドキッと鳴り魂から惹かれるものを感じた。  セシレーヌは片目を眼帯で覆って、大きなマスクをつけ、右手には白い手袋をつけている医師と言うよりも患者と呼ぶ方が相応しい姿で目つきも鋭く愛想のない表情をしていた。 「セシレーヌさん。私の手術を担当して下さい。貴女なら安心してお任せできますから」  魂が赴くままジュニアールは担当医のクラウドルを差し置いてセシレーヌに、手術をお願いした。  不愛想なままセシレーヌは手術を引き受ける事にした。  セシレーヌに魂から惹かれたジュニアール。  だがセシレーヌはジュニアールをかたくなに拒んでいた。 「私は…あんたの奥さんを殺したから…」  そう言ったセシレーヌ。  セシレーヌの言う事は一体どうゆうことなのだろうか?  一途な国王ジュニアールと火災で大火傷を負って心を閉ざしていたセシレーヌとの、命を紡ぎ愛を紡ぐ壮大なロマンスが今始まる…。 
24hポイント 0pt
小説 144,493 位 / 144,493件 ファンタジー 34,714 位 / 34,714件
文字数 93,404 最終更新日 2021.08.19 登録日 2021.07.24
1