最終的には最強小説一覧

タグ 最終的には最強×
2
 どこにでもいる普通の高校生【澤島アギト】は、その日もいつも通りに高校に通おうとしていた。アギトはどこにでもいる高校生に見えるが、実はそうではない、    彼はすべての人間と仲良くなることを夢見ているし実行に移している。  優等生、不良、先生、悪人、詐欺師、などなど多種多様な人と接触して、多種多様な人を救ってあげたい。  それが自分の不幸になろうとしていても、  アギトには被害者と加害者が同じに見える。  アギトはすべてを平等に見ているわけではなくて、  ただいろいろな人のために生きると、父親に誓ったのだ。  父親はお人よしで沢山騙されようと、にこにこしている変わり物だった。  母親はとてつもなく怒りっぽかった。  そんな父親を目標に、  すべての話を聞くというスタイルで、  澤島アギトは無人島国家に転移したのであった。  それは唐突に、  その日の空は皆既日食が表れていた。  アギトは善と悪の国家を作れるのだろうか?  これは平和な国を作ろうとしたら、なぜか最強たちが集まる武装国家になってしまったという話である。 ※カクヨムにて掲載しています。
24hポイント 7pt
小説 19,728 位 / 84,444件 ファンタジー 4,491 位 / 24,514件
文字数 31,010 最終更新日 2020.08.28 登録日 2020.01.17
約10万字の書き溜め有り。読みやすさ重視で1話分の文字数を2000~3000文字にしているので、是非とも御覧になってください。 『あらすじ』 3年前に事故で記憶喪失になった少年――東条玲(とうじょうれい)が高校から帰宅すると、家には玲のことを兄と呼ぶ自称妹――アヤカが待っていた。 玲とアヤカは初対面だが「おかえりお兄ちゃん! お風呂にする? ごはんにする? それともわ・た・し?」と以前から知り合いだったかのような態度で接してくる。 話を聞いてみると、アヤカは玲のことを異世界から迎えに来たと言うが、そんなこと到底信じられない。そこで玲はアヤカを可哀想な中二病患者と捉え、冗談交じりに告げる。 「なあなあ、もしかして魔法とか使えたりするのか?」 「うん、使えるよ?」 玲のひとことが、平和な日常生活を終わらせてしまう!!   王国で5番目に強い猫耳メイドの母親! 精霊を封じた魔眼で敵を殲滅する姉! 古代に失われた伝説の魔法を使う理性の狂った自称妹! どんな魔法も一瞬で消滅させる和装吸血鬼! 神殺しと云われた最強のドラゴン! この面子に鍛えられて強くならないわけがない! 爆笑間違いなし! とにかくやばい奴等と過ごす異世界ファンタジー!! 
24hポイント 0pt
小説 84,444 位 / 84,444件 ファンタジー 24,514 位 / 24,514件
文字数 20,596 最終更新日 2020.09.20 登録日 2020.09.02
2