第12回ファンタジー小説大賞エントリー小説一覧

タグ 第12回ファンタジー小説大賞エントリー×
10
 あ!私、主人公なんだ。  そう他人事のように思い出した瞬間に、焦りを覚える。  なんで、私が主人公?この物語の主人公は確か、冷静であり、かなり頭が良かったような。しかも実は亡国の生き残りの姫君。  え、私お姫様?いや、ムリムリ。だって私はただの馬鹿だよ?自分で言うけど、通知表平均以下よ?成績は下から数えた方が早いよ?いや、ムリムリ。  これは主人公に生まれ変わってしまったお馬鹿な少女が、お馬鹿なりに奮闘する物語。  ファンタジー大賞にエントリーしたいと思っております。  よろしければ、応援よろしくお願いいたします!  一日一話更新予定です。(更新遅れたらごめんなさい。)  頭の良いお姫様はムリ。だから私は平民として何とか頑張って、影ながら動くぞ!  
24hポイント 568pt
小説 1,685 位 / 57,560件 ファンタジー 512 位 / 18,855件
文字数 45,355 最終更新日 2019.10.02 登録日 2019.08.15
 医師である父親からの暴力、同じく医師である母親からは食事抜きなどの虐待・育児放棄を受けて児童養護施設で暮らしていた当時10歳の吉山郁夫は高校卒業後、育った施設の職員として働いていた。  ある日の仕事終わり、コンビニへ立ち寄った時のこと。強盗と出くわしてしまい、致命的な傷を負ってしまった。救急車の中で意識を失う直前、死を覚悟した主人公が次に目を開けると、そこは異世界だった。  世界人口の8割を占める人間、世界的少数派のエルフ、リザードマン、ドワーフなどが生息し、規模は違えどそれぞれが国を形成している。そしてその種族の大半が龍を使役し、世界の覇権を握るとされる伝説の剣『ロード・ルプス』を手に入れるべく日夜戦争をしていた。  驚異的な回復能力を持つ魔導士に転生した吉山郁夫はひょんなことから出会った傷だらけの時空龍と契約を結び、最強の魔導士となる。  山の中腹で1人暮らしをする10歳の少女とこれまたひょんなことから助けてしまったエルフ領のエルフたちとともに『ロード・ルプス』を求めて旅をすることになる。  しかしその剣にはある秘密があった。  これは主人公である吉山郁夫が自分の存在意義に迷い、異世界を正常に戻す物語。 ※完結しました。今まで温かい目で読んでいただき、ありがとうございました。
24hポイント 113pt
小説 5,161 位 / 57,560件 ファンタジー 1,513 位 / 18,855件
文字数 253,991 最終更新日 2019.03.29 登録日 2019.01.20
 2020年。東京オリンピックが開催される時期に、東京郊外でひっそりと暮らす貧乏暮らしの大学生がいた。その大学生とは主人公の川端宗弘で、親類はおらず、両親は幼少期に死亡、妹も宗弘が大学に進学する前に交通事故で死亡した。完全に1人となった主人公は、学費と生活費を稼ぐためにいくつものバイトを掛け持ちして、大学では寝るという負のスパイラルに陥っていた。  深夜のバイトを終えて帰宅する途中、居眠り運転をしていた車にはねられ死亡してしまう。  川端宗弘は死ぬことを覚悟したが、意識が無くなることはなく、目が開けるとそこは異世界だった。  異世界は剣と魔法と銃器と戦闘機による大戦直後で荒廃していた。人間達は壁を作り荒廃した都市に閉じこもった。都市は大陸全土に広がり、それぞれ壁で区切られている。別の都市へ行くには電車を使うしかない。線路は各都市に一本しか通っておらず、行ける都市は決まっている。よってその都市に住まう住民は電車を使うことはなく、壁の内側で終わることのない闘争を繰り返している。  転生した川端は何の魔法も使えず、唯一使える武器は銃器だけだっった。旅で仲間になる面々は卓越した能力を持っており、川端は自分の存在意義に苦しむことになる。しかし平凡な銃器の扱いしか取り柄のない川端でも1つだけ卓越した能力があった。それが開花するにはある獰猛な動物の力が必要だった。  これは亡くなった妹を想い続けるあまり心にぽっかりと穴が開いた主人公が、その穴を埋めるためと、仲間達と旅をすることで自分の居場所がどこにあるのかを探し出す物語。  タイトルを『異世界は晴れて地獄』から『異世界に転生したらそこは戦後の世界だった』に変更しました。
24hポイント 56pt
小説 7,533 位 / 57,560件 ファンタジー 2,076 位 / 18,855件
文字数 160,884 最終更新日 2019.09.27 登録日 2019.08.17
4
SF 完結 長編
地球を守る連合軍と異星人との戦い。 兄が指揮を執る第13艦隊と弟の第15艦隊が先頭に立って戦うも、第15艦隊が異星人を追撃すべくブラックホールに入って連絡が途絶してしまう。 兄は弟を助けるためにブラックホールへ入る手段を持つ人物と第13艦隊と関係を持つ乗組員が集い、異星人の惑星へと向かう。 そこでは驚きの事実が・・・・・・。 2部作の予定です。
24hポイント 21pt
小説 12,645 位 / 57,560件 SF 203 位 / 1,941件
文字数 81,999 最終更新日 2018.07.31 登録日 2018.07.18
 主人公の苅谷姫継(かりやひめつぐ)は現在私立大学の大学院に通う学生。化学専攻で、研究室で実験中に誤って大爆発を起こし、死んでしまう。  転生した世界は石器時代に戻ったような時代遅れの世界だった。赤子として帝国の樹海に転生し、動物に育てられた。年を重ねるにつれて、自分について違和感を覚え始める。それを知ったとき、ある事実を知る。  動物達と暮らすなかで、帝国が行なっている悪逆非道な儀式を知り、死体を見て復讐を誓う。  国へ乗り込んだとき、この世界での自分の出生の秘密を知る。  これは転生した苅谷が帝国と戦い、更なる戦いを経て自分の居場所を求めて模索していく物語である。  完結しました。300話を超える長い物語となりましたが、今まで読んでいただいた方々、ありがとうございました。
24hポイント 21pt
小説 12,645 位 / 57,560件 ファンタジー 3,250 位 / 18,855件
文字数 417,408 最終更新日 2019.08.17 登録日 2019.04.01
これは異世界古代のファンタジー。 神獣が住まう山、御弥山。 神事の時以外立ち入ってはいけない山。 神隠しにあうとの話も……。 御弥山には何かがある。 誘われるようにして星那ヒカリは友達のマキとともに御弥山へ。 神隠しの話は本当なのか。もしも本当ならば、そこには何が存在するのか。 神獣が本当にいる? ヒカリは神隠しに? そこには異世界への入り口が!? ヒカリは異世界に。 そして、久遠翼はヒカリを探しに。 古の神々VS仏!? その裏には怪しげな影が。
24hポイント 14pt
小説 14,595 位 / 57,560件 ファンタジー 3,761 位 / 18,855件
文字数 129,923 最終更新日 2019.09.22 登録日 2019.08.12
 岡山県の南、海の側に住んでいる高校二年生の響が、夜遅く家を飛び出し一人浜辺を歩いていると『我をおさめよ、されば導かれん』の声がする。  その声の先には一つのリングが輝いていた。リングを指にはめてみると、目の前にスタイル抜群のサキュバスが現れる。  そのサキュバスが言うには、秘宝を解放するために九つのリングを集め、魔王様と魔族の世界を造るとの事。  そのために、お前を魔族の仲間に引き入れ、秘宝を手に入れる手助けをさせると、連れ去られそうになった時、サキュバスに雷が落ちて難を逃れ、サキュバスが彼の下僕となる。しかしサキュバスの魔封じのクリスタルで、何の力も持たない響は連れ去られてしまう。  しかし、おっちょこちょいなサキュバスのおかげで、現代から未来世界に渡り。未来世界の力を得た響が、その後異世界に渡り、リングを探す事になる。
24hポイント 7pt
小説 16,931 位 / 57,560件 ファンタジー 4,688 位 / 18,855件
文字数 218,176 最終更新日 2019.10.11 登録日 2018.11.28
 主人公の亀嶋成志が、10年前に突然行方不明になった父親を捜すために鏡界(きょうかい)世界に入って旅をする。  亀嶋成志は鏡界世界を構築する事象が現実世界と大部分で異なることに驚くも、性格も生い立ちも異なる仲間達と出会い、鏡界世界で陰謀に巻き込まれていく。  旅は主に島から島への移動になる。この世界には大陸という概念はない。(広大な島が登場するかもしれませんが、決して大陸ではありません。島です。)  様々な時代が交錯し、入り乱れ、異なる文化が共存していることに驚き、仲間達の野望を叶えつつ、さらに敵とも戦い、それぞれの目的を果たすために旅をします。 ※タイトルを『Mirage』から『鏡の中の黙示禄』に変更しました。 ※完結しました。今まで読んでいただき、ありがとうございました。
24hポイント 0pt
小説 57,560 位 / 57,560件 ファンタジー 18,855 位 / 18,855件
文字数 462,896 最終更新日 2019.03.26 登録日 2018.10.01
 ドワーフのエドワード・ロードバーンズが仲間達と出会い、王国を正常化させるために戦う物語。  全13作の予定です。  完結しました。
24hポイント 0pt
小説 57,560 位 / 57,560件 ファンタジー 18,855 位 / 18,855件
文字数 251,960 最終更新日 2018.07.17 登録日 2018.06.02
『魔王城を手に入れた! 魔王様はご立腹! ダンジョンチートとユニークスキルで魔王領救え!』 (略して)『ママダン』  異世界の最高神が世代交代した際、地球から人間が訪れることが無くなり、数百年が経った。地球から人間を連れて来る役割を担う『時と空間の女神シャム』は休暇を取り、棚ぼたを利用してサボり続けていた。それを別の神に知られ、怒られたため、再び役割を全うするため地球を訪れた。  最初に偶然見つけた、適正がありそうな15歳の少女『海屋 叶』に声をかけ、女神の力を見せると意外と乗り気だったので、好きにスキルを選ばせることにした。  すると、封印するのを忘れて持ってきていた災厄のユニークスキルを選ばれてしまった。そして気づかずに、適当に異世界に送り込んでしまう。    魔王城でダンジョンを引き継ぎ、特別な魔王になろうとしていた少女の頭上に送り込まれたカナエと少女は継承条件を満たし、歴代初の二人の魔王になる。  カナエと少女はダンジョンチートとユニークスキルを駆使しなんとか壊滅状態の魔王領を立て直して行く。           〜そんな二人の物語〜 思ったより。第12回ファンタジー小説大賞投票して貰えない、残念。
24hポイント 0pt
小説 57,560 位 / 57,560件 ファンタジー 18,855 位 / 18,855件
文字数 87,340 最終更新日 2019.09.09 登録日 2019.08.13
10