道中記小説一覧

タグ 道中記×
2
『アーク、貴方に"火の神"からの言付けを。"リングオブファイア"を貴方のものにすると、火の神は仰りました。』 "リングオブファイア"というマジックアイテムを使いこなす力をもらったと思っていた主人公・アーク。え、"リングオブファイア"は指輪型アイテムではないって? わけもわからず"リングオブファイア"を得るためにクエストボードに言われるまま、アークは環霊峰造山帯の国々を周ってゆく。16歳の少年は様々な国の風土・信仰に触れていく。 ルナとご飯を食べて、移動して、たまに戦って。 さあ、次はどこへ行くんだろう。 ※2020年11月現在、更新未定です。
24hポイント 0pt
小説 92,274 位 / 92,274件 ファンタジー 25,644 位 / 25,644件
文字数 31,935 最終更新日 2020.09.27 登録日 2020.08.16
 ──魔王討伐の為に国から差し出されたのは、依頼等に用いる二枚の契約書でした。  とある国には、「神」が舞い降りると伝えられているオブリスと呼ばれる世界。 「勇者となり、世界を混乱に陥れている魔王を倒してください」と国王より依頼され、死を覚悟しつつも暗殺は面倒だからと断った奉公人カナタ・ダルク。翌日、職場へやってきた大臣から差し出されたのは、討伐した際の破格な報奨金と、それまでに必要となる費用を全額国が負担するという二枚の雇用契約書だった。  無期限契約、雇用に際しては前金が払われるという記載を見つけたカナタは、簡単に手のひらを返し、魔王討伐のため、国に雇われることとなった。  同僚のステラと国から派遣された神官のエミリア、魔獣使いのソフィに魔女レベッカ、魔術師レナードとともに、いざ、魔王討伐へ向かう。  ──わけがなかった。 「せっかくですから、世界一周旅行してから魔王を倒しませんか?」  飛び切りの笑顔で、勇者は仲間へ言い放つ。  これから命を削ることが分かりきっているというのに、なぜ一直線に魔王のもとへ行かねばならないのか。死ぬかもしれないのなら、後悔がないようにしてから行こう。旅費は国が負担するのだ。気にすることは何一つない。  なぜ魔王がこの世界を混乱に陥れようと試みたのか、そもそもなぜ自分が勇者として選ばれたのか。分からないことばかりで、カナタの心境は最初から討伐どころではなかった。  美味しいものを食べ、温泉、海、山へ行き、たまに戦場へ介入し、様々な地で戦力を手に入れつつ、世界を見て周りながら、ひたすらに魔王を待たせてから倒す珍道中。
24hポイント 0pt
小説 92,274 位 / 92,274件 ファンタジー 25,644 位 / 25,644件
文字数 3,645 最終更新日 2019.08.02 登録日 2019.08.02
2