ハジメテ小説一覧

タグ ハジメテ×
2
1
恋愛 完結 短編 R15
私が働く食堂にやってくる消防士さんたち。 翔馬「俺、チャーハン。」 宏斗「俺もー。」 航平「俺、から揚げつけてー。」 優弥「俺はスープ付き。」 みんなガタイがよく、男前。 ひなた「はーいっ。ちょっと待ってくださいねーっ。」 慌ただしい昼時を過ぎると、私の仕事は終わる。 終わった後、私は行かなきゃいけないところがある。 ひなた「すみませーん、子供のお迎えにきましたー。」 保育園に迎えに行かなきゃいけない子、『太陽』。 私は子供と一緒に・・・暮らしてる。 ーーーーーーーーーーーーーーーー 翔馬「おいおい嘘だろ?」 宏斗「子供・・・いたんだ・・。」 航平「いくつん時の子だよ・・・・。」 優弥「マジか・・・。」 消防署で開かれたお祭りに連れて行った太陽。 太陽の存在を知った一人の消防士さんが・・・私に言った。 「俺は太陽がいてもいい。・・・太陽の『パパ』になる。」 「俺はひなたが好きだ。・・・絶対振り向かせるから覚悟しとけよ?」 ※お話に出てくる内容は、全て想像の世界です。現実世界とは何ら関係ありません。 ※感想やコメントは受け付けることができません。 メンタルが薄氷なもので・・・すみません。 言葉も足りませんが読んでいただけたら幸いです。 楽しんでいただけたら嬉しく思います。
24hポイント 738pt
小説 1,589 位 / 84,454件 恋愛 785 位 / 22,490件
文字数 104,652 最終更新日 2020.05.02 登録日 2020.04.29
2
恋愛 完結 長編 R18
"パパ" そう呼びかける人のことを、香凛(かりん)はずっとずっと特別に想ってきた。けれど自分は"娘"。望みなんてこれっぽっちもないし、当然想いを打ち明けることもできない。だからせめて良い娘であろうと、仲の良い親子であろうと精一杯努めてきた。傍にいられるだけで幸せなのだと、そう言い聞かせて。 けれどある日、ついに香凛は本当の気持ちを零してしまう。 "じゃあ私をパパの特別にーーーーパパの恋人にしてよ" 堪えきれなかったその言葉で、平穏だった"パパ"と"娘"の関係はバランスを崩しーーーー   ※パパと娘扱いしていますが両者に実際血縁関係はない設定ですので、本当の禁断ものではありません
24hポイント 14pt
小説 16,566 位 / 84,454件 恋愛 6,646 位 / 22,490件
文字数 315,204 最終更新日 2020.02.02 登録日 2019.08.15
2