イケメン彼氏は年上消防士!鍛え上げられた体は、夜の体力まで別物!?


私が働く食堂にやってくる消防士さんたち。





翔馬「俺、チャーハン。」

宏斗「俺もー。」

航平「俺、から揚げつけてー。」

優弥「俺はスープ付き。」





みんなガタイがよく、男前。





ひなた「はーいっ。ちょっと待ってくださいねーっ。」







慌ただしい昼時を過ぎると、私の仕事は終わる。

終わった後、私は行かなきゃいけないところがある。






ひなた「すみませーん、子供のお迎えにきましたー。」





保育園に迎えに行かなきゃいけない子、『太陽』。


私は子供と一緒に・・・暮らしてる。









ーーーーーーーーーーーーーーーー









翔馬「おいおい嘘だろ?」

宏斗「子供・・・いたんだ・・。」

航平「いくつん時の子だよ・・・・。」

優弥「マジか・・・。」







消防署で開かれたお祭りに連れて行った太陽。

太陽の存在を知った一人の消防士さんが・・・私に言った。






「俺は太陽がいてもいい。・・・太陽の『パパ』になる。」

「俺はひなたが好きだ。・・・絶対振り向かせるから覚悟しとけよ?」












※お話に出てくる内容は、全て想像の世界です。現実世界とは何ら関係ありません。

※感想やコメントは受け付けることができません。

メンタルが薄氷なもので・・・すみません。

言葉も足りませんが読んでいただけたら幸いです。


楽しんでいただけたら嬉しく思います。








24hポイント 35pt
小説 19,600 位 / 140,767件 恋愛 9,507 位 / 43,645件