強制退学小説一覧

タグ 強制退学×
1
 エリートが集うゼルコバ魔法学園。  この学園には、筆記試験、技術試験の合計点が基準に2回満たなかった場合、強制退学になってしまうという決まりがある。  技術において落ちこぼれのネルは、筆記試験でなんとか点数を取り、高等部まで進学していた。  しかし、高等部に上がって初めての期末テスト。ネルの点数は基準点以下になっていた。  「お兄様、あのお水に何が入っていたか知っていますか? 私特製の『特定記憶抹消薬』が入っていたんですよ? お気づきになりませんでした?」  義妹にはめられ裏切られ、強制退学をくらってしまい、学園を追い出されたネル。  彼はトランク1つ手に持ち、フラフラと街を歩いていると、ある女性から宝石を渡される。彼はそれを手にすると、気を失ってしまった。目を覚ますと広がっていたのは、見知らぬ地。赤い空、不気味な森があった。  「ここは………裏世界?」  裏世界。世間では幻とされる世界。    そこへ行くには、自身のレベルを8000にするか、魔石オラクルを使い、大量の魔力を注ぎ込む方法2択。どちらの選択も、Lv.12のネルには到底無理なこと。  そのため裏世界の魔物はLv.8000ものばかり。即死間違いなしだ。  しかし、なぜか彼は、平気に裏世界の魔物を倒せていた。  落ちこぼれ扱いされていた少年が2つの世界で最強になる話。
24hポイント 0pt
小説 99,980 位 / 99,980件 ファンタジー 26,892 位 / 26,892件
文字数 127,853 最終更新日 2020.12.23 登録日 2020.06.04
1