死がふたりを分かつとも小説一覧

2
1
現代文学 完結 ショートショート R15
渡良瀬一歩は死が見える。 すべての人の頭の上には数字があって、それは余命を表すものだった。 多くの人は六桁。年数と、日数。 そして、渡良瀬の父の余命は、すでに10年を切っていた。 父を救うため、少年は余命が目前に迫ったクラスメイトに接触する。 余命の改変のために―― 死を見える少年は、余命という運命にあらがうためにもがき続ける。
24h.ポイント 0pt
小説 184,988 位 / 184,988件 現代文学 7,894 位 / 7,894件
文字数 20,273 最終更新日 2024.02.11 登録日 2024.02.11
2
恋愛 完結 ショートショート
初対面でマリアに「ほら見てショーン、あのときの子よ! あなたはもうパパなのよ!」と言われた俺。 いやいや、俺、彼女いない歴=年齢の人ですが⁈ そんな俺は初対面のマリアに 「俺の運命! マイダーリン! 結婚しよう! 愛してる!」と言うわけだが。 こんなふたりの溺愛までのカウントダウン (たとえ死がふたりを分かつとも) ※全五話 ※設定はゆるんゆるん ※真剣に考えたら負け ※このお話は小説家になろうにも投稿しております。
24h.ポイント 14pt
小説 31,345 位 / 184,988件 恋愛 13,368 位 / 56,199件
文字数 8,739 最終更新日 2022.10.24 登録日 2022.10.24
2