死が見える小説一覧

1
1
現代文学 完結 ショートショート R15
渡良瀬一歩は死が見える。 すべての人の頭の上には数字があって、それは余命を表すものだった。 多くの人は六桁。年数と、日数。 そして、渡良瀬の父の余命は、すでに10年を切っていた。 父を救うため、少年は余命が目前に迫ったクラスメイトに接触する。 余命の改変のために―― 死を見える少年は、余命という運命にあらがうためにもがき続ける。
24h.ポイント 0pt
小説 184,985 位 / 184,985件 現代文学 7,893 位 / 7,893件
文字数 20,273 最終更新日 2024.02.11 登録日 2024.02.11
1