5
 魔法貴族アルデハイム家で生まれた者は5歳のときに才能適性が鑑定される。  魔法の才能が期待される中、長男のノアの才能は【翻訳】という魔法に一切関係のない才能だった。  この一件からアルデハイム家は魔法の才能がないノアを蔑み、冷遇していた。  しかし、ノアは【翻訳】の才能のおかげでアルデハイム家の隠し書庫を発見。  隠し書庫には現代魔法とは比べものにならないほど強力な古代魔法が記された書物が蔵書されていた。  ノアは一人で古代魔導書を読み漁り、沢山の古代魔法を身につけ──無自覚のうちに世界最強の魔法使いになっていた。  そして成人したノアは実家を追い出され、昔から興味のあった冒険者になるのだった。  これは【翻訳】の天才が世界中を旅して、古代魔法で周囲を驚かせながら無双してしまう物語である。
24hポイント 1,455pt
小説 1,313 位 / 120,118件 ファンタジー 340 位 / 31,366件
文字数 69,490 最終更新日 2021.07.25 登録日 2021.06.26
15歳になると、人々は女神様からギフトを授かる。  しかし、アルマはギフトを何も授かることは出来ず、実家の伯爵家から無能と蔑まれ、追い出されてしまう。  だが実はアルマはギフトを授からなかった訳では無かった。  アルマは既にギフト《転生者》を所持していたのだ──。  実家から追い出された直後にギフト《転生者》が発動し、アルマは前世の能力を取り戻す。  その能力はあまりにも大きく、アルマは一瞬にして世界最強の魔法使いになってしまった。  なにせアルマはギフト《転生者》の能力を最大限に発揮するために、一度目の人生を全て魔法の探究に捧げていたのだから。  無能と蔑まれた男の大逆転が今、始まる。  アルマは前世で極めた魔法を利用し、実家を超える大貴族へと成り上がっていくのだった。
24hポイント 369pt
小説 4,021 位 / 120,118件 ファンタジー 896 位 / 31,366件
文字数 46,906 最終更新日 2021.06.29 登録日 2020.09.12
ファンタジー 連載中 長編 R15
 冒険者のロアはみんなから『無能』と有名な底辺冒険者である。  所持スキルは【アイテム作成】のみ。  能力はレベルと引き換えにアイテムを作成する、というものだった。   ロアはこのスキルのせいで、他の人に比べてレベルが上がった時の恩恵が雀の涙ほどしかない。  それこそロアが『無能』とバカにされている大きな理由だった。  しかし、ロアは少しでも自分の実力を上げようと【アイテム作成】の能力を使うことなくレベルを上げ続けた。  スライムやゴブリンなどの低級モンスターを狩り続けて1年。  50レベルに到達したロアにとんでもない変化が訪れた。 『【アイテム作成】が【魔法創造】に進化しました』  手に入れた【魔法創造】はレベルと引き換えに魔法を創造できるというもの。  つまりレベルを消費すればするほど、レベル上げの効率はドンドン上がる。  更に【アイテム作成】の能力も利用することで、強力な装備でステータスを補ったり、価値の高いアイテムを作成できたり、超便利!  【アイテム作成】と【魔法創造】──二つのスキルが相乗効果を生み、ロアは驚異的な成長を遂げていく。  ※2/27日間総合1位 3/3週間総合1位
24hポイント 63pt
小説 12,538 位 / 120,118件 ファンタジー 2,682 位 / 31,366件
文字数 72,378 最終更新日 2021.03.16 登録日 2021.02.26
ファンタジー 連載中 長編 R15
 ある日、貴族の少年は自分の前世が錬金術師であることを思い出した。そして困惑する。 「……なぜ無属性魔法が冷遇されているんだ?」  無属性魔法は、戦闘には適していないが、錬金術に最も適している。  しかし転生から300年経った世界では、魔法のレベルは衰退しており、戦闘特化の属性魔法だけが優遇されていた。  それだけでなく、ほとんどの人は錬金術の存在すらも知らない有り様。  そのため、少年は前世の自分を遥かに凌ぐほどの無属性魔法の才能を持っていたが、貴族家からは落ちこぼれ、と冷遇されていた。  だが周りの扱いに負けずに、無属性魔法と錬金術を極めていたら、いつのまにか少年の評価は逆転していた。  これは前世の記憶を思い出した少年が、誰も知らない錬金術を使い、周りを驚かせながら、成り上がっていく物語である。 ★一話から気合の入った作品になっておりますので、是非一度ご覧になってください! お気に入り登録、感想は作者の原動力になります。
24hポイント 149pt
小説 7,914 位 / 120,118件 ファンタジー 1,952 位 / 31,366件
文字数 33,377 最終更新日 2020.09.14 登録日 2019.10.08
 ある日突然、異世界に転移したレイジ。  見慣れた街の名前、見慣れたモンスター、見慣れたアイテムを見たレイジは、この世界が自分がやり込んだVRMMOゲームの世界であることを悟った。  早速、神殿に向かいレイジは滅多に選ばれることのない職業【盗賊】を選択。  周りにバカにされるレイジだったが、実は【盗賊】こそがとんでもないチートであること彼だけが知っていた。  何故なら盗賊だけが隠しスキル《能力奪取》を取得する事が出来るのだから。  VRMMOゲームで『最強のプレイヤー』と呼ばれていたレイジのゲーム知識と隠しスキル《能力奪取》が組み合わせれば──まさに鬼に金棒。 「俺はこの世界で最強になって日本に帰る!」  そう意気込み、レイジは自分だけが知るゲーム知識を駆使して、チート級モンスター達から強力なスキルを奪いまくる。  『最強のプレイヤー』は周囲の常識を見事に覆し、最弱から最強へと瞬く間に変貌を遂げていくのだった。
24hポイント 85pt
小説 10,607 位 / 120,118件 ファンタジー 2,393 位 / 31,366件
文字数 6,679 最終更新日 2020.08.30 登録日 2020.08.30
5