6
 大手ブラック企業に勤めて三年が経った深川桂里奈はある日、一ヶ月の連続出勤による過労で倒れてしまう。  それによって入院することになった桂里奈だったが、そんな彼女の元へやって来た上司は入院している間も仕事をしろと言い始める。当然のごとくそれを拒否した彼女に上司は罵詈雑言を浴びせ、終いには一方的に解雇を言い渡して去って行った。  しかし、不幸中の幸いか遊ぶ時間も無かった事で貯金は有り余っていたため、かなり余裕があった彼女はのんびりと再就職先を探すことに決めていると、あやかし企業の社長を名乗る大男が訪れ勧誘を受ける。  数週間後、あやかし企業で働き始めた彼女は、あまりのホワイトぶりに感動することになる。  その頃、桂里奈が居なくなったことで彼女の所属していた部署の人たちは一斉に退職し始めていて―― ※ あやかしには作者が設定を追加、または変更している場合があります。
24hポイント 1,192pt
小説 1,391 位 / 125,560件 キャラ文芸 22 位 / 2,972件
文字数 95,623 最終更新日 2021.10.27 登録日 2020.12.25
恋愛 連載中 短編 R15
 大気を清める力を持つ巫女のアルゼはある日、婚約者の第二王子から婚約破棄を言い渡され、城から追い出される事になってしまった。  その原因は周囲の鉱山から放出される毒ガスによって汚染された大気を洗浄出来る魔導具が登場し、それによって巫女の存在が不要な存在になったためだ。  一瞬にして婚約者も職も失ったアルゼは巫女になる前まで住んでいた故郷へ帰り、農家としてのんびり暮らすことに決める。    一方その頃、城では魔導具が巫女の力より圧倒的に劣る事が判明して――
24hポイント 35pt
小説 14,927 位 / 125,560件 恋愛 6,296 位 / 35,938件
文字数 3,955 最終更新日 2021.07.26 登録日 2021.07.24
恋愛 連載中 短編 R15
 容姿の醜悪さによって家族や婚約者のアロイスからも忌み嫌われている伯爵令嬢のアンナは、何とか他のことで自分の醜さを補おうと必死に努力を重ねていた。様々な技能や学力をつけることで、皆に認めてもらいたかったのである。  そんなある日、アンナは自身の醜い容姿は呪いによるものであることに気付き、幼馴染でもあり、賢者でもあるパウルに治して欲しいと頼み込み、協力してもらえることになる。  これでもう酷い扱いをされないかもしれないと喜んだ彼女だったが、それよりも先に浮気をした事にされて婚約を破棄されてしまい、その話を信じ込んだ両親からも勘当を言い渡されてしまう。  しかし、アンナに掛けられた呪いが解かれると、どういうわけかアロイスや今まで冷たく接して来た人達は態度を急変させて――
24hポイント 56pt
小説 11,426 位 / 125,560件 恋愛 4,968 位 / 35,938件
文字数 24,396 最終更新日 2021.07.26 登録日 2021.06.21
恋愛 完結 短編
 十五歳で第一王子のフロイデンと婚約した公爵令嬢のイルメラは、彼のためなら何でもするつもりで生活して来た。  だが三年が経った今では冷たい態度ばかり取るフロイデンに対する恋心はほとんど冷めてしまっていた。  そんなある日、フロイデンが「イルメラなんて要らない」と男友達と話しているところを目撃してしまい、彼女の中に残っていた恋心は消え失せ、とっとと別れることに決める。  しかし、どういうわけかフロイデンは慌てた様子で引き留め始めて――
24hポイント 802pt
小説 1,874 位 / 125,560件 恋愛 880 位 / 35,938件
文字数 29,938 最終更新日 2021.06.11 登録日 2021.05.15
恋愛 連載中 長編
 平民出身で宮廷魔術師にまで上り詰めたエミエル・クルストフ。平民からなるのは不可能とまで言われるほどの難しさから、その名は国中に知れ渡っている。  しかし、そんなエミエルは――奴隷のようにこき使われていた。平民出身であるが故に、貴族出身者は気に入らなかったのだ。  そんなある日、エミエルに追放という名の転機が訪れる。どれだけ片付けても無くならない書類の山、一日に三度の魔術の講義、そして魔物の侵入を防ぐ結界の維持といった様々な仕事から解放された彼女はとっとと実家へ帰り。  彼女に任せ切りにしていた国は未曾有の危機に陥るーー! ※改稿、加筆作業を行っております。それによりストーリーの変更などがありますことをご了承ください。
24hポイント 177pt
小説 6,069 位 / 125,560件 恋愛 2,609 位 / 35,938件
文字数 62,382 最終更新日 2020.12.25 登録日 2020.07.22
恋愛 連載中 長編 R15
 神獣による守護により繁栄したシェリダン王国では神獣不要論が浸透し始めていた。だがその重要性を理解していた国王は手放すことは無かった。しかし、そんな国王は病に倒れ、新しく国王となったヘンリック王子は不要論を支持し、神獣と世話を担当していた主人公ミリアに対して追放を言い渡した。  それにより居場所を失った神獣とミシェルだったが、隣国から手厚く歓迎されることになり、一人と一匹はそこで暮らす事に決める。  その頃、神獣が居なくなった王国には魔物たちが続々と押し寄せるようになり、魔物との戦闘に慣れていない騎士たちでは太刀打ち出来ず、未曽有の危機に陥る――!
24hポイント 7pt
小説 26,733 位 / 125,560件 恋愛 11,279 位 / 35,938件
文字数 10,817 最終更新日 2020.10.18 登録日 2020.08.27
6