2
仕事帰りの満員電車に揺られていたサト。気がつくと一面が真っ白な空間に。そこで神に異世界に行く話を聞く。異世界に行く準備をしている最中突然体が光だした。そしてサトは異世界へと召喚された。神ではなく、異世界人によって。しかも召喚されたのは2人。面食いの国王はとっととサトを城から追い出した。いや、自ら望んで出て行った。そうして神から授かったチート能力を存分に発揮し、異世界では自分の好きなように暮らしていく。 サトの一言「異世界のイケメン比率高っ。」
24hポイント 26,718pt
小説 86 位 / 77,305件 ファンタジー 24 位 / 22,305件
文字数 65,677 最終更新日 2020.07.07 登録日 2020.06.21
ファンタジー 完結 ショートショート
聖女を召喚しておいてお前は聖女じゃないって、それはなくない? その魔道具、私の力量りきれてないよ?まぁ聖女じゃないっていうならそれでもいいけど。 ってなんで地下牢に閉じ込められてるんだろ…。 せっかく異世界に来たんだから、世界中を旅したいよ。 こんなところさっさと抜け出して、旅に出ますか。
24hポイント 1,633pt
小説 814 位 / 77,305件 ファンタジー 218 位 / 22,305件
文字数 5,951 最終更新日 2020.06.27 登録日 2020.06.27
2