3
かつては、天魔の権能を振るって仇成す敵を打倒し、帝都の魔人と畏怖されておったワシもその寿命が尽きた。 家族に見守られながら幽世へ旅立ち、再び輪廻の輪に戻る。 その筈だった……。 だが目覚めてみれば、どこか深い森の中。 そして、ワシのこの姿……猫ではないか! いや、二本足で歩け、手も肉球は付いておるが、人の手に似ておる。 では、ワシは妖精猫、つまりケットシーと言う事か。 人であった前世よりも、魔法に適したケットシーのこの体。 振るう悪魔どもの権能は、恐ろしいまでに強大に成っておる。 暫く、この森の中で、力の押さえ方を学ばねば成らんな……。 それから数十日、狩と魔法の訓練に明け暮れ、ようやく森を出る事にする。 森の外……そこは魔物も跋扈する、見渡す限りの荒野。 そして硝煙煙る、西部開拓時代……ふうの世界。 ワシはケットシーとしてこの世界に新たに生を受け、何者にも囚われる必要の無い、自由な身。 面白い。 「さて、この地でワシが目指すモノは何か……」
24hポイント 306pt
小説 4,019 位 / 91,319件 ファンタジー 868 位 / 25,567件
文字数 199,057 最終更新日 2021.01.17 登録日 2020.08.30
🐈🐈🐈🐾 魔法のiらんど 小説大賞の予備選考を通過しました♪ 🐾🐈🐈🐈 ゴーーーーーン 除夜の鐘が鳴る。 これはもう確定ね。 今日は大正16年元日と云う事は、こちらの大正の世界は、向こうの現代の世界とは歴史的に繋がっていないと云う事。 つまり、異世界と云う事だわ。 物心が付いた時から数日おきに、魂が『大正時代の世界』と『現代の世界』とを行き来する体質の私。 大正時代の世界では、伯爵家の令嬢でしかも魔導士。 憲兵司令官の叔父様の要請で、やむなく違法な魔法を取り締まる魔技取締分隊の相談役をすることに。 元日の朝、急遽叔父様に呼び出された私は、英国大使館で起こった怪事件の話を聞かされましたわ。 なんでも大晦日の深夜、一等書記官が無残に惨殺され、唯一の目撃者である大使閣下のお嬢さんは悪魔を見たとのこと。 亡くなったお爺様から教わった魔道の極意と、私の編み出した猫魔法を駆使して事件を解決して見せますわ。 現代の世界の私は、普通のサラリーマン家庭で暮らす普通の女子中学生。 こっちの世界じゃ、ゴロゴロ寝正月するんだ♪ て、思ってたのに、お姉ちゃんのせいで、正月三が日は巫女バイトする事に……。 しかも、バイトの帰りに、デカくてキモイ猿が……コイツ、絶対普通の生きた猿なんかじゃ無い。 大正時代の世界でバイオレンスした分、自堕落に過ごそうと思ってたのに……何この洒落怖展開は!
24hポイント 14pt
小説 19,818 位 / 91,319件 ファンタジー 3,930 位 / 25,567件
文字数 376,265 最終更新日 2021.01.16 登録日 2020.08.30
物心が付いた時から数日おきに、大正時代と現代とを行き来する体質の私。 ゴーーーーーン 除夜の鐘が鳴る。 これはもう確定ね。 今日は大正16年元日と云う事は、こちらの大正の世界は、 向こうの現代の世界とは歴史的に繋がっていないと云う事。 つまり、異世界と云う事ね。 大正時代の世界では、伯爵家の令嬢でしかも魔導士。 憲兵司令官の叔父様の要請で、やむなく違法な魔法を取り締まる魔技取締分隊の相談役をすることに。 お爺様から教わった魔道の極意と、私の編み出した猫魔法で帝都の平和を守って見せますわ。 現代の世界の私は、普通のサラリーマン家庭で暮らす普通の女子中学生。 大正時代の世界でバイオレンスした分、自堕落に過ごそうと思ってたのに……何この洒落怖展開は!
24hポイント 4pt
小説 1,584 位 / 19,451件 ファンタジー 602 位 / 7,780件
登録日 2020.02.25
3