志波中佐

志波中佐

復活です。今まで更新できてなくてすみませんでしたぁぁぁ(__)
4
遡ること150年と少し、よって時は幕末。 ~某所にて~ 坂本「なあなあ、慎太。今どんな気持ち」 中岡「どんな気持ちだと思う」 坂本「半年近く放置されてやっぱり中岡信者は増えなかったと残念がる気持ち?」 中岡(なんでこいつは人の気持ちがそこまで読めるんじゃ) 坂本「あぁ!どちらかというと寂しい気持ちの方が大きいか」 中岡「まぁ、な」 坂本「やけに素直やか……と、なるほど。奥方から手紙が来たからか」 中岡「悪いか」 坂本「いやぁそんな、悪いのはこっちじゃ。なぁ、おりょう」 おりょう「ふふっ中岡さんはなんだかんだ奥さん大事にしてはるもんなぁ」 坂本「ん?その言い方だとわしがおまんのこと大切にしてないみたいな……」 中岡「おりょうさん、もし何かあった時にはすぐ陸援隊の屯所に駆け込むとええ」 おりょう「あら、中岡はんは誰かさんと違って優しい」 中岡「んじゃあ、私はこれにて」 坂本「」 おりょう「さっ私たちもそろそろ行きましょか、竜馬はん」 坂本「おりょう、もしこの前、廓へいったこと気にしてるなら謝るぜy」 おりょう「はい?」 この日以降、やっぱり坂本竜馬を見た者はいないという。 ※本編はちゃんと史実を元に書いています。この小説はアルファポリスで先行配信を、小説家になろうで加筆修正したものを投稿しています。お好きな方をお読みくださいませ。 表紙に使用している写真のリンクです https://photo53.com/
24hポイント 0pt
小説 125,446 位 / 125,446件 歴史・時代 1,426 位 / 1,426件
文字数 18,026 最終更新日 2021.05.16 登録日 2020.06.06
BL 完結 短編 R18
江戸時代のとある武士が陰間茶屋である青年と出逢うお話。 当時、男色ブームが起きていたということを知り、思いついた次第です。 こういう事を思っていた男娼も少なからずいたのではないでしょうか。 当時の男同士の営みについての記事を読んでいるとそんな気がしてきます…
24hポイント 7pt
小説 26,746 位 / 125,446件 BL 5,441 位 / 13,600件
文字数 3,225 最終更新日 2020.06.08 登録日 2020.06.08
歴史・時代 完結 ショートショート R18
新選組副長の土方さんがやらかしたときのお話しです 軽ーい感じで若かりしころのバラガキを書きました 用語説明 バラガキ…土方歳三のアダ名 由来は涼しげな顔をしているにも関わらず、喧嘩っぱやかったことから 勝っちゃん…近藤勇のことを土方が呼ぶときに使う トシさん…試衛館の人たちからの(主に近藤や沖田)愛称
24hポイント 0pt
小説 125,446 位 / 125,446件 歴史・時代 1,426 位 / 1,426件
文字数 1,154 最終更新日 2020.06.04 登録日 2020.06.04
BL 完結 ショートショート R18
新選組が壬生浪士組だったころのお話しです 芹沢×沖田でBLな感じですが、事前知識不要です(あるとラストへの理解がちょっと楽になるとは思います。ただ難解ではないので身構える必要はないです) イチャラブ系というより陰鬱系です。 初めての投稿ですのでとっても短いですし、語彙力ないですが暖かい目で読んでいただけると幸いです
24hポイント 0pt
小説 125,446 位 / 125,446件 BL 13,600 位 / 13,600件
文字数 1,142 最終更新日 2020.06.04 登録日 2020.06.04
4