ナギノセン

ナギノセン

好きなものはかわいい女の子と楽しい物語です。拙作にお目通しいただきまして本当にありがとうございます。
6
 師と仰いだ人と同じ轍を踏まないように、計画的な冒険者引退を計ってきた三十代半ばのガイル。  その日、最後のクエストを無事終えることができた。後はホームタウンへ帰って冒険者ギルドで引退の手続きをするだけだった。  感慨深く安い酒を楽しんでいる彼の前へ、最後のクエストで同行したエルフの美少女パメラがやって来るなり驚くことを口にした。 「背中の魔剣を私に売りなさい」  気づかれていると思っていなかった彼は大いに焦るものの、旅の途中に彼女の事情を知った後では断りづらい。冒険者から足を洗うのが目の前でもあって、剣を手放すのはやぶさかではない。  二人は彼の部屋へと場所を移して剣を見せる予定だったのに見せることにはならず、色々と見せることになったのはパメラのほうだった。  おかげでそのまま付きまとわれることになり、ホームタウンへ戻っても緊急クエストが発生して強制参加を余儀なくされる。  最後のクエストを終えたと考えていた三十代半ば男の旅の幕引きは、彼の意思とは関係なくさせてもらえそうになかった。
24hポイント 0pt
小説 66,027 位 / 66,027件 ファンタジー 20,310 位 / 20,310件
文字数 95,045 最終更新日 2019.08.22 登録日 2018.08.17
 白石雅久は、中学一年の春に小学生の女の子を助けて誘拐と間違われ、補導をされた。  取り調べを行った警察官はとても傲慢で高圧的だった。  怒りが抑えられなかった雅久は、無謀にも飛びかかったが、女の子の祖父に組み伏せられる。  その後、女の子の祖父に勧められて始めた空手で雅久は頭角を現し、天狗になってしまう。  しかし大切な試合を欠場して急激に自信を失った彼は、趣味だった絵画へ逃避のために打ち込み、出展した展覧会で受賞した絵が市民病院で飾られることになった。  空手も絵も中途半端な気持ちのまま、中学生活を終えて迎えた高校一年の夏のある日、彼は幼なじみと劇的な再会を遂げる。  男だった遠山瑞樹が、目の覚める美少女になっていた。  不思議な幼なじみとの再会は、彼の止まっていた時間を急激に動かし始めた。
24hポイント 0pt
小説 66,027 位 / 66,027件 ライト文芸 2,484 位 / 2,484件
文字数 100,532 最終更新日 2019.05.05 登録日 2018.03.30
 三十路を目前に控えた橘宏斗は、姉夫婦の急逝で十五歳の姪を引き取ることになった。  水嶋千紗。宏斗の姉、奈緒美の娘である。  宏斗は、千紗に対して叔父であるよりも遥かに大きな想いを抱いていた。  彼は十六歳の時のバイク事故で生死の境をさまよい、記憶喪失とリハビリで二年近い入院生活を余儀なくされてしまう。  事故直後の集中治療室のベッドに横たわる彼が目を開けて最初に見たものは、彼の頬に小さな右手で触れている赤ん坊の千紗だった。  記憶の欠片を初めて取り戻したのは事故から一年以上もたったある日。姉が千紗を抱いてあやしている姿が、不意に事故前の情景と重なった時だった。  千紗は事故の前後を通して暗闇に沈んでいた彼の光明。無くてはならない存在にその瞬間になった。  心に決するものを秘して千紗を引き取った三十路前男の激変の日常が今始まった。
24hポイント 0pt
小説 66,027 位 / 66,027件 ライト文芸 2,484 位 / 2,484件
文字数 108,157 最終更新日 2019.04.28 登録日 2019.03.31
 生きる意欲を失くして自ら命を絶った三十路前男の俺。  転生を司る神様のお役所仕事をいろいろと経た挙句に、ゲームや小説で馴染みのあるファンタジーな世界へ転生させられてしまった。  新しい世界では何故か霊樹と呼ばれるほどの大樫になっていた。  だけど木としての生は、またもや神様のお役所仕事で唐突に終了をする。  今度はプリーストの少女にさせられてしまった。  この転生はプリーストの少女に望まれ、俺も望んだものだった。  だから悔いのないように生きようと心に誓った。  仲良しのスカウトの少女がいつも寄り添ってくれて旅をしていると、おかしな仲間が増えている。  冒険者ギルドやシルビ公国やダグレス帝国の陰謀に巻き込まれて、右往左往させられる。  何だか落ち着かないが心躍る日々を、俺はこの異世界で大切な幼なじみと日々を重ねている。 (時々イラストあり)
24hポイント 0pt
小説 66,027 位 / 66,027件 ファンタジー 20,310 位 / 20,310件
文字数 160,820 最終更新日 2018.05.04 登録日 2018.03.30
蒼玉剣人は、少しだけ特殊な家に生まれたこと以外はごく普通の高校二年生。 夏休みに入った彼には、目前にニつの大きなイベントが控えていた。 高校総体予選と神社の夏祭りだ。 中学から始めたフェンシングは、優勝候補の一角と目されるほどの腕前にまでなった。 今日も夏休みを返上して練習に励んだ。 夏祭りは、彼の生まれた家が千年を超える歴史を持つ神社で、その重要な大祭である。 長男の彼は物ごころのつく前から手伝わされて、気がつけば神前神楽も舞えるし笙も吹ける万能神主になっていた。 その彼が、夏祭りの御山詣の最中に事件は再び起こった。
24hポイント 0pt
小説 66,027 位 / 66,027件 ファンタジー 20,310 位 / 20,310件
文字数 141,307 最終更新日 2017.04.28 登録日 2017.01.29
レギオン神父は、ミュルツ王国の北端にある田舎町セダンの修道院で、身寄りのない子供たちの面倒を見ていた。  少し前に駆け出し冒険者になったリオンもその一人で、彼はその日も簡単なクエストを終えて帰って来た。  幼なじみのサーシャが働く店で夕食を取ろうとしていると、隣の席に座っていた美しいエルフの女性が気を失って料理の皿へ顔を突っ込み、面倒を見たことで知り合いになる。  女性はクリシュナと言い、かつてレギオン神父がルグレシアス公国で成し遂げた、火竜討伐の頃からの知己だった。  リオンは、サーシャの父からの依頼でサーシャの護衛をクリシュナと共に行い、近隣の町ローテンベルグで親友となった衛兵ヴォルト達と腕を磨き、しばらくしてクルス教皇国にあるクルス学院へと通うことになる。  学院では、サーシャやクリシュナ、クルス教皇国の元皇姫アリアンやルグレシアス公国の王子エドアルドたちと充実した日々を過ごしていたが、ルグレシアス公国で火竜を使った謀略が動き出し、レギオンがその力を見込まれて、阻止へと駆り出されてしまう。  師であるレギオンを助けるために、リオン、ヴォルト、クリシュナ、アリアンたちはそれぞれ死力を尽くす。
24hポイント 5pt
小説 2,222 位 / 18,829件 ファンタジー 813 位 / 7,382件
登録日 2017.05.12
6