それでも濡れ衣には感謝している

 白石雅久は、中学一年の春に小学生の女の子を助けて誘拐と間違われ、補導をされた。
 取り調べを行った警察官はとても傲慢で高圧的だった。
 怒りが抑えられなかった雅久は、無謀にも飛びかかったが、女の子の祖父に組み伏せられる。
 その後、女の子の祖父に勧められて始めた空手で雅久は頭角を現し、天狗になってしまう。
 しかし大切な試合を欠場して急激に自信を失った彼は、趣味だった絵画へ逃避のために打ち込み、出展した展覧会で受賞した絵が市民病院で飾られることになった。
 空手も絵も中途半端な気持ちのまま、中学生活を終えて迎えた高校一年の夏のある日、彼は幼なじみと劇的な再会を遂げる。
 男だった遠山瑞樹が、目の覚める美少女になっていた。
 不思議な幼なじみとの再会は、彼の止まっていた時間を急激に動かし始めた。
24hポイント 0pt
小説 50,934 位 / 50,934件 ライト文芸 2,180 位 / 2,180件