Leiren Storathijs

Leiren Storathijs

主に異世界ファンタジー作品を投稿していきます。更新速度は調子に乗れば1〜3日。普段は気分次第。プロフィール画像はpicrewです。
5
 誰も知る事のないとある日、一人の影薄男のいる学校の1クラスが異世界転移した。  異世界転移すればそこは『シュトラール王国』と言って現地の人間はそのクラスは魔王という脅威から王国を守るべく、大勢の人間を転生させたという。  そこで多くの生徒はそれぞれ自分の『ステータス』を知り、魔王を倒す為に訓練を始める。  しかしその中に無能と判断された一人がいた。  彼は生徒の中でも最もステータスが低く、更に唯一の固有能力持ちでその能力は【回避】。  それは王国内では例え固有能力という特別な物でも誰もが知る能力で、ましてやステータスが最も低いとなれば王国側は彼を『無能』だと判断した。後、彼は混ざるべき存在ではないと扱われ、勇者一行を追放された。 ────────────────── 誰もが弱いと決めつけた固有能力【回避】で爽快無双する一人の男の復讐劇が今始まる!
24hポイント 21pt
小説 19,637 位 / 124,805件 ファンタジー 3,463 位 / 32,225件
文字数 82,268 最終更新日 2021.09.17 登録日 2021.08.24
 俺の名はエイダン。王都マルクトロス近郊にあるノイル村で暮らすしがない農民だ。毎日家の為に畑を耕し、野菜や果物を育て、それを王都に出荷しては稼いだお金の一部を税金として王都に納める。  ただそんな日が毎日続く訳じゃない。農作物には天候が大きく影響する。だから悪天候の時はせっかく耕した畑が荒らされることは良くある話。  更に周囲には魔物もいるから兵士に任せっきりだ。それでもたまに野菜に誘われた魔物の侵入をゆるすこともある。  そんな時は王都から被害手当が出され、多少の復興の手伝いもしてくれる。  俺はひとまずこんな生活で満足できている。  でも、そんな日常もいつしか壊れる時がくる事は僕は知る由も無かった。
24hポイント 0pt
小説 124,805 位 / 124,805件 ファンタジー 32,225 位 / 32,225件
文字数 3,137 最終更新日 2021.09.10 登録日 2021.09.10
 俺の名は新藤直樹。今日も一日仕事だと自室のベッドから半身を起こし大きく溜息を吐くと、同時に二階建ての俺の自室に屋根を突き破って真上からトラックが突っ込んで来て俺は死んだ。  いやいやいや、屋根から? 角度的におかしくね!? どういう原理でトラック突っ込んで来たんだよ!  と一人ツッコミしている間に俺の異世界転生の手続きが終わった。
24hポイント 0pt
小説 124,805 位 / 124,805件 ファンタジー 32,225 位 / 32,225件
文字数 1,818 最終更新日 2021.09.06 登録日 2021.09.06
 彼の名は最上稟獰。単なるごく普通の高校生だが、生粋の自由人である。  彼の高校にて真っ当に学園生活はしたことは無く、ストレス発散に壁に穴を開け、特に理由なく生徒を殴り、教師に根も歯もないスキャンダルをでっち上げる。暇だから校長室に放火。  訂正しよう。彼は生粋のクズである。  誰もが消えて欲しいと望んだ。誰もが死んで欲しいと望んだ。  そんなクズはクズらしくある日を境に、命を絶った。 「やりたい事はやり尽くした。最後に一つ残すなら死ぬことかな」 この言葉を最後に最上稟獰は全校生徒の前で屋上から飛び降りた。 ────────────────────────────  しかし彼が目覚めた時には彼の知る世界では無かった。天国でも地獄でもない。そうこの男は異世界に転生して"しまった"のだ。
24hポイント 7pt
小説 27,637 位 / 124,805件 ファンタジー 5,215 位 / 32,225件
文字数 3,511 最終更新日 2021.08.28 登録日 2021.08.27
 俺の名は高橋透。ある日学校で友達四人で異世界転生について盛り上がっていたので、本当に転生できるのかという一生で一度限りの挑戦をした。  結果、五人とも無事に異世界転生に成功。  死から目覚めて俺たちは大喜びした。本当に生きてる、異世界に転生したんだと。そして転生先は見知らぬ王国。  念願のステータス鑑定に心が躍る。しかし俺の鑑定結果が来た途端、その能力とあまりの歪さにその場の全員はドン引き。  俺はパーティを追放された。
24hポイント 7pt
小説 27,637 位 / 124,805件 ファンタジー 5,215 位 / 32,225件
文字数 17,390 最終更新日 2021.08.26 登録日 2021.08.20
5