月姫乃 映月

月姫乃 映月

2
青春 連載中 長編
『大事な話があるから今から蒼汰の住んでるアパートに行っても良い?』  可愛い幼馴染、姫川陽愛から送られてきた一通の連絡。  陽愛は俺のアパートに来ると、こう言った。 「大事な話ってなんだと思う?」  考えても分かるわけがない。  考える素振りはするが、幼馴染の陽愛には、俺が真剣に考えてないことがバレてしまう。 「じゃあ次の中から当ててみて。一、私は引っ越すことになりました。二、私に好きな人ができました。三、私は今から蒼汰に告白します。さぁ、どれでしょうか!」
24hポイント 56pt
小説 12,221 位 / 112,365件 青春 182 位 / 4,419件
文字数 47,371 最終更新日 2021.07.31 登録日 2021.05.31
青春 連載中 長編
雪が降る寒い中、俺――神崎悠斗は下校中に同じクラスの美少女、一之瀬小春に急に腕を掴まれた。 「好き」 小春は突然、俺に向けてそう言ってきた。 罰ゲームなのかと思う俺の心を読んだのか、小春は「私は本気だよ? 罰ゲームじゃないよ」と、可愛らしい声で言う。 あまりにも突然の出来事に立ち尽くすことしかできない俺に、小春は俺に一歩近づき―― 「ねぇ。返事、まだ?」 可愛らしく上目遣いで言う小春に俺は疑問をぶつけた。 「なんで俺を好きなの?」 小春なら俺なんかよりもかっこよくて優しい人を選び放題なはずだ。 そんな小春が俺に告白なんてやはり信じられなかった。 「気づいたら好きになってたの」 予想もしない返答に呆気を取られている俺に小春は。 「ねぇ、早く返事聞かせてよ。寒い。早く言ってくれないと抱きついちゃうよ?」 「分かった。付き合う」 俺にとって小春レベルの美少女と付き合えるなら断る理由がない。 「やった! じゃあ今日からよろしくね。またね」 そう言って小春は一人帰っていく。 そしてその数時間後に小春は俺の家に訪ねてきた。 「今日から一緒に住ましてください」 「………………は?」 今日二度目の予期せぬ出来事に俺は玄関で直立不動。 とりあえず理由を聞くために家に招く。 「よし、同棲しよう!」 我が家に可愛い彼女がやってきた!
24hポイント 511pt
小説 2,838 位 / 112,365件 青春 23 位 / 4,419件
文字数 72,414 最終更新日 2021.07.29 登録日 2021.06.03
2