壬黎ハルキ

壬黎ハルキ

ミレイハルキと申します。『小説家になろう』や『カクヨム』にも作品を投稿しています。よろしくお願いします。
5
ファンタジー 連載中 長編 R15
とある山奥の村で暮らす少年ウォルター。 十二歳を迎えた彼は、生まれながらに持つスキルを判定する、通称――精霊の信託を受ける。 同い年で幼なじみのマーガレットは、『聖女』というレアスキル持ちだと判明。 しかしウォルターは『スキルなし』と判定されてしまった。 更に王都には、既に有名なレアスキルの『勇者』も存在していた。 自分はどうあがいても勇者になれない――ウォルターはそう割り切った。 そして数年後―― 王都へ留学したマーガレットが、勇者ニコラスの婚約者になったという知らせが村に届く中、ウォルターにも転機が訪れる。 ひょんなことから記憶をなくした双子の姉弟を保護し、二人の父親となるのだった。 ※第二章は10/21(月)21:00より更新。(一日一話の連日更新予定です) ※本作はアルファポリスのみでの公開になります。 ※第12回ファンタジー小説大賞にエントリーしました。よろしくお願いします<(_ _)>
24hポイント 10,317pt
小説 161 位 / 57,724件 ファンタジー 61 位 / 18,897件
文字数 202,040 最終更新日 2019.10.22 登録日 2019.08.30
ファンタジー 連載中 長編 R15
それは、少年が高校を卒業した直後のことだった。 幼なじみでお嬢様な少女から、夕暮れの公園のど真ん中で叫ばれた。 「知らない御曹司と結婚するなんて絶対イヤ! このまま世界の果てまで逃げたいわ!」 泣きじゃくる彼女に、彼は言った。 「俺、これから異世界に移住するんだけど、良かったら一緒に来る?」 「行くわ! ついでに私の全部をアンタにあげる! 一生大事にしなさいよね!」 そんな感じで駆け落ちした二人が、異世界でのんびりと暮らしていく物語。 ※現在は月、水、金の週三日(いずれも19:00)更新としています。 ※小説家になろう、カクヨムにも同時投稿しています。 ※当作品は既に別の大賞に応募しているため、アルファポリスの小説大賞にはエントリーしていません。
24hポイント 1,498pt
小説 831 位 / 57,724件 ファンタジー 272 位 / 18,897件
文字数 774,937 最終更新日 2019.10.21 登録日 2019.01.08
十四歳の少年マキトは、目が覚めたら異世界に飛ばされていた。 魔法と魔物と人間以外の種族が存在するこの世界で、マキトは一生暮らしていくことを決意する。 マキトに秘めている資質は、人間が唯一、魔物と心を通わせることができる魔物使い。 これ以上ないくらいに望ましい資質だとマキトは思った。 魔物使いが世間的にもっとも見下されている資質であることを知りながらも、特にマキトは気にすることもなく、今日も魔物や仲間たちと歩き続ける。 これは、マイペースで魔物に好かれやすい少年の、異世界を渡り歩く旅物語――――。 ※全百五十五話、完結済みです。
24hポイント 26pt
小説 965 位 / 19,438件 ファンタジー 438 位 / 7,534件
登録日 2018.09.25
ある朝、とある高校のクラス全員が忽然と姿を消した。 隣のクラスだった俺は驚いた。 そして俺の親友であり、寮のルームメイトでもある男は言った。 間違いなくそれは異世界召喚であり、勇者として魔王を倒させるつもりだと。 しかし俺は素朴な疑問を浮かべずにはいられない。 その魔王である男は、何を隠そう地球の――それも俺の目の前にいるのだから。 普通の学校に通う普通の少年。そしてその少年と同級生で、腐れ縁的な異世界の魔王。 これは、そんな二人が織りなす、ちょっとだけ騒がしい日常のお話である。 ※全十六話、完結済みです。
24hポイント 2pt
小説 3,620 位 / 19,438件 ファンタジー 1,287 位 / 7,534件
登録日 2018.09.25
盗賊たちに囲まれる魔導師の少女、レスティ。そこに妖精を連れた魔導師の少年、ルシアが助太刀に入る。ルシアの魔法は無属性。世間では無能と呼ばれている属性に盗賊たちは見下し、襲い掛かってくるが―――― ※短編で30,000文字近くと少し長いです。
24hポイント 2pt
小説 3,620 位 / 19,438件 ファンタジー 1,287 位 / 7,534件
登録日 2018.09.26
5