4
青春 連載中 短編
これは、高校2年生の頃の私のお話。 本を読むのが大好きで、物語を作るのが大好きな私。 誰かに愛されたくて、でも不器用で言えなくて。 鈍感で愛されていることに気づけなかった私。 そんな私のちょっとふしぎな物語
24hポイント 0pt
小説 58,777 位 / 58,777件 青春 2,991 位 / 2,991件
文字数 2,905 最終更新日 2019.11.03 登録日 2019.11.03
初めに こちらに登場する人物はすべて多彩な殺し屋たち(略してたさころ)というリア友たちとやっている創作のキャラクターたちです。 身内ネタなどは入れないように頑張りますが入ってしまった場合はすみません 人物紹介 ・ねお たさころのリーダー ・Ciel 自宅警備員 ・孝陽 たさころ唯一の未成年者JK下ネタ魔人 ・77C DQN、ホスト ・ゆず カニバリスト ・凍花 探偵、みんなのママ、どんくさい ぱっとですが人物とイメージ(?)を書いておきました しかし、今回のお話では関係ない…と思っております なんせ死ネタですから。 というわけで、注意事項です。 ・こちら、創作で行っているものの小説です(2回目) ・死ネタです。シリアスです。 ・正直、今考えてる段階だとネタ要素は作れません。 人間の醜さが見えるのか、それとも綺麗な部分が見えるのか。 もしかしたら…綺麗な部分はただの偽善かも…? 話を戻しましてまだまだ注意事項があるかと思いますがぱっと思いついた注意事項が無理だーという方はあまりおすすめしません。 もし読んでくださる方いらっしゃいましたら、楽しんでいってください 最後まで読んでくださりありがとうございました。 それでは、私たちの世界へ… いってらっしゃい
24hポイント 0pt
小説 58,777 位 / 58,777件 ミステリー 1,519 位 / 1,519件
文字数 3,555 最終更新日 2019.09.25 登録日 2019.09.08
僕はとても賢い。 自分でご飯を見つけることが出来る。 でかいヘンテコな生き物の邪魔にならないように生活することが出来る。 邪魔をしたら蹴られるから。 僕はとても強い。 そこら辺のやつらには余裕で勝てる けど、でかいヘンテコな生き物には勝てない。 あいつらは僕よりでかいから。 僕は少し特別だ。 目が青色で、髪の毛が真っ黒。 みんなから気持ち悪い、不吉だって。 僕を見たら不幸だって言われる。 でかいヘンテコな生き物にも言われる。 そんなことないのに、だって僕は不幸じゃないもん。 見たら不幸なら生きてる僕はもっと不幸なはずでしょ? みんなから気持ち悪がられながらも 僕は頑張って生きた。 僕を愛してくれる人がいると信じて生きた。 そんな僕の物語
24hポイント 0pt
小説 58,777 位 / 58,777件 恋愛 14,148 位 / 14,148件
文字数 3,597 最終更新日 2019.03.07 登録日 2019.03.07
私たち6人には共通点があまりありません。 職業、性格、頭の良さ、喋り方、 しかし、普通の人は持たない共通点を1つ。 彼らは自分の職業とは別にもう1つの職業を持っています アサシン。殺し屋です。 殺し屋というよりは殺人鬼にも近いですね。 彼らは意味の無い殺人はあまりしません。 これは、そんな彼らの過去とでも言いますかね。 このあと出すかもしれない続編に続くかもしれないので、しっかりと彼らの過去を知って欲しい。 まぁ、出さなかったらそれまでなのですが…
24hポイント 0pt
小説 58,777 位 / 58,777件 ホラー 2,188 位 / 2,188件
文字数 4,916 最終更新日 2019.02.20 登録日 2019.02.15
4