3
 サーヤこと佐々木紗彩は、勤務先に向かっている電車に乗っていたはずがなぜか気づいたら森の中にいた。  田舎出身だったため食料を集めれるかと思った彼女だが、なぜか図鑑では見たことのない植物ばかりで途方に暮れてしまう。  そんな彼女を保護したのは、森の中に入ってしまった魔物を追ってきた二人の獣人だった。  だが平均身長がニメートルを普通に超える世界において、成人女性の平均もいっていないサーヤは訳ありの幼女と勘違いされてしまう。  なんとか自分が人間の成人女性であることを伝えようとするサーヤだが、言葉が通じず、さらにはこの世界には人間という存在がいない世界であることを知ってしまう。  獣人・魔族・精霊・竜人(ドラゴン)しかいない世界でたった一人の人間となったサーヤは、少子化がかなり進み子供がかなり珍しい存在となってしまった世界で周りからとても可愛がられ愛されるのであった。  いろいろな獣人たちをモフモフしたり、他の種族に関わったりなどしながら、元の世界に戻ろうとするサーヤはどうなるのだろうか?  そして、なぜ彼女は異世界に行ってしまったのだろうか? *小説家になろうでも掲載しています *カクヨムでも掲載しています *悪口・中傷の言葉を書くのはやめてください *誤字や文章の訂正などの際は、出来ればどの話なのかを書いてくださると助かります
24hポイント 6,865pt
小説 427 位 / 128,402件 ファンタジー 80 位 / 32,675件
文字数 479,349 最終更新日 2022.01.24 登録日 2021.11.25
 事故にあい死んだと思った瞬間、何故か異世界に召喚されてしまった「田中花子」。  モブを自称する彼女の顔は、可愛くもない何処にでもいる平凡な顔だったはずが__  何故かそんな彼女の顔が、【この世のものとは思えないほど美しい】と言われる世界に来てしまう!!  しかも、何故か幼女の姿になって!!!!  自称モブで、目立つことなんて大嫌い。  か弱いヒロインと違って、敵なんて警棒とかその他防犯グッズが火を噴くぜ!!  異世界召喚なんて、モブには関りがない。  そう思っているのに花子が社交辞令などを話せば話すほど、周囲は花子のことを【天より遣わされた美しき無垢な聖女】と言い勘違いする始末。  異世界へ来てしまった恐怖となれない環境からのストレスで、幼児化した体は言うことを聞かずに号泣しかしない。  そんな花子を保護したのは、なんと不細工(花子にとってはイケメン)な優しい魔王様だった!!    これは自称モブなアグレッシブすぎる【優しい無垢な聖女(笑)】と、不憫すぎる魔王様とその仲間たちの愉快な勘違いライフである。 *小説家になろうでも掲載しています。 *カクヨムでも掲載しています。
24hポイント 198pt
小説 6,465 位 / 128,402件 ファンタジー 1,278 位 / 32,675件
文字数 1,312 最終更新日 2022.01.21 登録日 2022.01.21
これは、とある学生たちが体験した恐ろしい体験談。 科学では説明がつかない出来事。 謎の怪死事件。 人間でも動物でもない、『ナニカ』の存在。 本当に恐ろしいのは、人間か? それとも、人間ではない『ナニカ』か? これは、とある学生たちがその『ナニカ』に遭遇し、自分たちの大切な人や平凡な日常を守るための奮闘の物語である。 *小説家になろうでも掲載しています。 *カクヨムでも掲載しています。
24hポイント 42pt
小説 15,063 位 / 128,402件 ホラー 162 位 / 4,517件
文字数 2,394 最終更新日 2022.01.21 登録日 2022.01.20
3