Veilchen

Veilchen

小説家になろうにて活動しています。 文章硬め。シリアス/ドロドロ多め。
7
高校三年生の夏休み。予備校の夏期講習に参加していた私は、学校の有名人、歌劇部の男役スター――通称マクシミリアンの意外な一面を知ることになる。 ヒロインが仄かに憧れていた男役の、女子としての一面を垣間見ることになる微百合です。 約2万字の短編です。
24hポイント 85pt
小説 12,076 位 / 140,767件 ライト文芸 232 位 / 6,051件
文字数 19,849 最終更新日 2022.04.30 登録日 2022.04.30
恋愛 完結 長編 R18
三回政略結婚をして三度夫と死別した王女リアーヌは、四回目の結婚相手として「祖国に利益をもたらさない夫」を望む。これまでの夫は父王の陰謀によって命を落としたのではないかという疑いを拭えなかったのだ。 リアーヌの望みは、どういう訳か叶えられたかのように見えた。父王があつらえた次の結婚相手は、小国の若き大公アロイスだった。今度こそ「普通の夫婦」の幸せが掴めるのかと、ほのかな期待と共に輿入れするリアーヌ。しかし、喪服を纏い夫に死をもたらす《黒の姫君》の悪評は、新しい夫のもとにも届いていた。さらに、父王やかつての婚家の思惑もリアーヌの周囲に見え隠れする。アロイスも陰謀の犠牲になってしまうのかと、リアーヌは恐れるが── 不幸に見舞われ続けた姫君が、新しい夫と少しずつ心を通わせ幸せになるお話です。 ムーンライトにも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 140,767 位 / 140,767件 恋愛 43,645 位 / 43,645件
文字数 172,281 最終更新日 2022.02.15 登録日 2022.01.22
BL 完結 長編 R18
帝国への貢物として献上された小国の王子シャムスは、退廃した帝国の宮廷で貴人に身体を弄ばれる日々を過ごしていた。娼夫や愛玩動物同然の扱いとはいえ、祖国では望むべくもない贅沢な暮らしは、けれど新しく現れた美童ファラーシャに脅かされつつあった。 シャムスの唯一の従者ハディードは、主を案じつつも立場ゆえに守ることができない自身に忸怩たる思いを抱いている。二人の秘めた胸の内は、決して明かされるはずはなかった。だが、シャムスを陥れようとするファラーシャの企みによって、二人の関係は否応なく変わっていく。 ※何となくアラビア風の世界観です。 ※受は攻以外の男性と関係を持ちます。
24hポイント 28pt
小説 21,635 位 / 140,767件 BL 4,398 位 / 15,927件
文字数 100,078 最終更新日 2021.11.20 登録日 2021.10.31
「藤浪(ふじなみ)屋の薄雲(うすぐも)花魁に会いに行きな。『あいつ』ならお前の助けになるかもしれねえ」 新米同心の遊馬(あすま)隆正(たかまさ)は、上役の勧めに従って吉原を訪ねる。間者の類を呼び出すための符丁と考えていたところが、隆正の前に現れたのは美しく妖艶な花魁だった。籠の鳥の身の上の無聊を慰めるため、痛快な捕物の話が聞きたい、と。薄雲花魁に強請られて、隆正は最初その物見高さに反発を覚える。 しかし、艶然と微笑む薄雲は、吉原にいながらして事件を読み解くことができるかのようで―― 花魁を安楽椅子探偵に据え、新米同心が彼女の助言をもとに事件を解決するライトミステリ風味の作品です。 第五回歴史・時代小説大賞参加中です。 5/26お知らせ:「栄屋お鈴の人探し」の章が完結しました。同じ登場人物を使った新たな事件の物語を新章として続けたいと構想しておりますので、完結済にはしないでおきます。新エピソード開始の際は改めてお付き合いいただけると幸いです。
24hポイント 0pt
小説 140,767 位 / 140,767件 歴史・時代 1,585 位 / 1,585件
文字数 100,811 最終更新日 2019.05.26 登録日 2019.04.29
陛下、私の愛しい陛下。再びこうしてお傍に侍ることができるなんて嬉しくて堪りません。さあ、積もる話をいたしましょう―― 虜囚となった皇帝に仕えるかつての寵姫の思いとは……?
24hポイント 0pt
小説 20,759 位 / 20,759件 ホラー 710 位 / 710件
登録日 2016.03.29
アウシュヴィッツ強制収容所には囚人を集めた音楽隊があった。 労働に向かう囚人を励まし、新たに輸送された人々を歓迎した陽気な音楽。 そんな音楽を奏でた男の最期の話。 ※差別的表現が多数含まれますが、時代および語り手の背景を考証した結果であり、作者の思想とは関係ありません。ご了承ください。
24hポイント 0pt
小説 20,759 位 / 20,759件 歴史・時代 437 位 / 437件
登録日 2016.05.28
のりこさんは寂しがり屋の幽霊です。生きていた頃から、SNSで可愛いものや楽しいものを集めたり、友達とおしゃべりしたりするのが好きだったそうです。だから、幽霊になった今でも同じことをしているそうです。のりこさんにフォローされてしまったら、すぐにブロックやリムーブしてはいけません。他の友達を紹介してあげましょう。 高校生の杉田真理が、友人の紹介からふとフォローした「のりこさん」というアカウント。その日から彼女の周辺では次々と恐怖が起きる。 「のりこさん」は何者なのか、どうすれば逃げられるのか――1話ごとに主役を変えた連作短編で正体に迫っていきます。
24hポイント 0pt
小説 20,759 位 / 20,759件 ホラー 710 位 / 710件
登録日 2018.05.31
7