Veilchen

Veilchen

小説家になろうにて活動しています。 文章硬め。シリアス/ドロドロ多め。
7
奥羽山脈の麓、岩手の奥地の過疎集落・高舘(たかだて)。この地には神殺しの伝説があった。 大正時代、地元の有力者が山に棲む「神」を殺し、集落を繁栄させたというものだ。 時は現代。高舘に赴任したばかりの中学校教師・遠藤は、転校生・小野寺理人と出会う。理人は地主の孫で、家庭の事情で祖父のもとに身を寄せることになったのだという。小野寺家は迷信を打ち破って地元の近代化に尽力した名家でもある。なのに、名家の末裔に対する住人の目はなぜか鋭く、しかも理人の「帰郷」と同時に集落を変事が襲う。集落の歴史に伝わっていない部分があるのか、殺された「神」の祟りなのか──遠藤は理人と共に謎と怪異に立ち向かう。
24hポイント 127pt
小説 6,844 位 / 99,944件 ホラー 79 位 / 3,617件
文字数 82,830 最終更新日 2021.04.07 登録日 2021.02.28
恋愛 完結 長編 R18
不遇な立場の王女ヘルミーネは、「征服王」ヤシャールの現地妻として侍ることになる。祖国に不当な言いがかりをつけるヤシャールの心を宥めるための、生贄兼人質の役目を負わされたのだ。 疑われて当然の身、どんな扱いを受けるのかと怯えていたヘルミーネに、言葉も通じない「夫」は意外にも優しかった。でも、「夫」に心を寄せるほどに閨で鳴かせられるばかりの日々は愛玩されて閉じ込められる小鳥のようで切ない。国の間では陰謀が渦巻く中、「夫」と心と言葉を通わせたいと願うヘルミーネの思いの行方は── 毎日7時と19時の2回更新です。 R18シーンがある話には★をつけています。 ムーンライトにも掲載しています。
24hポイント 35pt
小説 13,680 位 / 99,944件 恋愛 5,961 位 / 27,900件
文字数 165,696 最終更新日 2021.02.20 登録日 2021.01.30
安政二年の大地震によって両親を亡くしたりょうは、深川で大工をしている叔父のもとに身を寄せた。りょうの前に現れたのは、着飾って不思議な言葉をしゃべる女たち。そして、やけに綺麗で凛とした同じ年頃の禿(かむろ)、あやめ。吉原の遊郭が、深川に仮宅を設けたのだ。訳ありらしいあやめと、りょうは次第に親交を深めるが── 表紙画像は喜多川歌麿の「深川の雪」(部分)
24hポイント 0pt
小説 99,944 位 / 99,944件 歴史・時代 1,109 位 / 1,109件
文字数 63,142 最終更新日 2020.07.03 登録日 2020.05.31
「藤浪(ふじなみ)屋の薄雲(うすぐも)花魁に会いに行きな。『あいつ』ならお前の助けになるかもしれねえ」 新米同心の遊馬(あすま)隆正(たかまさ)は、上役の勧めに従って吉原を訪ねる。間者の類を呼び出すための符丁と考えていたところが、隆正の前に現れたのは美しく妖艶な花魁だった。籠の鳥の身の上の無聊を慰めるため、痛快な捕物の話が聞きたい、と。薄雲花魁に強請られて、隆正は最初その物見高さに反発を覚える。 しかし、艶然と微笑む薄雲は、吉原にいながらして事件を読み解くことができるかのようで―― 花魁を安楽椅子探偵に据え、新米同心が彼女の助言をもとに事件を解決するライトミステリ風味の作品です。 第五回歴史・時代小説大賞参加中です。 5/26お知らせ:「栄屋お鈴の人探し」の章が完結しました。同じ登場人物を使った新たな事件の物語を新章として続けたいと構想しておりますので、完結済にはしないでおきます。新エピソード開始の際は改めてお付き合いいただけると幸いです。
24hポイント 42pt
小説 12,268 位 / 99,944件 歴史・時代 108 位 / 1,109件
文字数 100,811 最終更新日 2019.05.26 登録日 2019.04.29
陛下、私の愛しい陛下。再びこうしてお傍に侍ることができるなんて嬉しくて堪りません。さあ、積もる話をいたしましょう―― 虜囚となった皇帝に仕えるかつての寵姫の思いとは……?
24hポイント 0pt
小説 19,568 位 / 19,568件 ホラー 689 位 / 689件
登録日 2016.03.29
アウシュヴィッツ強制収容所には囚人を集めた音楽隊があった。 労働に向かう囚人を励まし、新たに輸送された人々を歓迎した陽気な音楽。 そんな音楽を奏でた男の最期の話。 ※差別的表現が多数含まれますが、時代および語り手の背景を考証した結果であり、作者の思想とは関係ありません。ご了承ください。
24hポイント 0pt
小説 19,568 位 / 19,568件 歴史・時代 415 位 / 415件
登録日 2016.05.28
のりこさんは寂しがり屋の幽霊です。生きていた頃から、SNSで可愛いものや楽しいものを集めたり、友達とおしゃべりしたりするのが好きだったそうです。だから、幽霊になった今でも同じことをしているそうです。のりこさんにフォローされてしまったら、すぐにブロックやリムーブしてはいけません。他の友達を紹介してあげましょう。 高校生の杉田真理が、友人の紹介からふとフォローした「のりこさん」というアカウント。その日から彼女の周辺では次々と恐怖が起きる。 「のりこさん」は何者なのか、どうすれば逃げられるのか――1話ごとに主役を変えた連作短編で正体に迫っていきます。
24hポイント 0pt
小説 19,568 位 / 19,568件 ホラー 689 位 / 689件
登録日 2018.05.31
7