6
王家の三姉妹の末姫である桜桃は、不出来な姫として周囲から揶揄されていた。 見かねた王により、異界である地球へ送られたのは七歳の頃だった。 十年後、17歳になったその日、王命により帰還することとなる。 そこで見たのは変わり果てた故郷の姿。 戸惑う桜桃を待っていたのは、内乱による両親の訃報、生死不明の長姉、守護家である天撰八家の分裂と離反だった。 よりによってなぜ自分が生き残ってしまったのか。 苦悩する桜桃に、亡き父王からの言葉が伝えられる。 簒奪者より十倭国を奪還し、王位をもって民に平安をもたらせと。 玉座に就くには四天至鏡殿へと至らねばならない。 硬く閉ざされた扉を開くには鏡の眼を得る必要があるのだという。 天撰八家のいずれかが所蔵する四つの宝鏡を探し、仲間とともに桜桃は、旅立つ。
24hポイント 7pt
小説 17,442 位 / 66,097件 ファンタジー 4,215 位 / 20,319件
文字数 56,528 最終更新日 2018.05.23 登録日 2016.05.10
恋愛 連載中 長編
【東の果て】と呼ばれる島に住むシュナ=イオリは、ある日、人為的に起こされた嵐によって、世界の中心にある聖殿へと飛ばされる。 そこで待っていたのは、稀有なる存在である姫巫女が役目を終え、次代が現れるまでの引継ぎとしての役目・姫巫女代理という名の務めだった。  特別な力もないのに、と戸惑うシュナはただ、聖域の八方に配置された神殿を訪れ納められている宝珠に触れて回るだけでいいと告げられる。  役目を全うしない限り島に戻れないと知り、観念する彼女には三人のお付きがつくこととなった。  剣士と占者とは打ち解けたものの、辛辣な神官の青年に苦手意識を持つシュナ。  が、ある時点を境に、彼はシュナにとって人生最大の崇拝対象になる。  人生の師と仰ぐ存在となった彼は、けれども彼女にとって最大の障害へと変化する。 「神官は辞めたんだ。だから――――覚悟しなよ?わたしを俺に戻したのは、きみなんだから。責任を取ってもらう」 艶然と微笑む美貌の青年に対し、シュナは頑なになる。 なぜなら、彼女は東の娘。 東の娘は、身持ちが固いのだ。 どれほど魅惑されようと、揺らいだり、しない――――・・・・。
24hポイント 71pt
小説 6,999 位 / 66,097件 恋愛 3,020 位 / 17,043件
文字数 140,711 最終更新日 2018.05.23 登録日 2018.04.28
恋愛 連載中 長編
 サーシャは、10の頃、故郷であるアッシェドから逃亡した。  恐ろしい儀式を体験し、それが根深いトラウマとなっている。  しかし、懐かしい故郷には養母が存在し、彼女を迎えに行くため日々小遣い稼ぎに余念がない。 そんな日々を波立たせる人物が、平凡な学生生活を送るサーシャの前に現れる。 それは逃れられたはずの、過去の亡霊――――アッシェド国王太子・マファルドの姿だった。
24hポイント 0pt
小説 66,097 位 / 66,097件 恋愛 17,043 位 / 17,043件
文字数 194,269 最終更新日 2018.05.12 登録日 2018.01.03
姉の代わりにお邸の侍女勤めにあがったティコは、隣国へお嫁入するお嬢様に同行を求められ、断り切れず渋々御伴する羽目に。 お嬢様の婚約式当日、問題発生。 卒倒するお嬢様を受け止めようとしたティコは、前のめりに倒れ込んだ瞬間、異物をごっくんとのみこんでしまい――――これが災難の始まりだった。 隣国サージェスの公爵家に伝わる家宝――――門外不出の宝玉の所持者となったティコ。 お嬢様の縁談はなかったこととなり、一人サージェス国に残されることとなった。 遠い過去に魔女がいたといわれる国で、【とある方】に密命を下された青年たちにその助手として連れまわされることに。
24hポイント 0pt
小説 66,097 位 / 66,097件 ファンタジー 20,319 位 / 20,319件
文字数 30,179 最終更新日 2018.05.11 登録日 2018.04.19
恋愛 連載中 長編
 ここは魔女のいる世界。    ポンターギュ国の森に住まう少女リノは、17歳のある日、森で行き倒れの男を見つける。  彼はとある貴族の家に追われていた魔法使いだった。  彼に弟子志願した彼女は、その条件として貴族の子息に仕えることに。けれど、主である若干10歳のルース・エンディハインはとんでもない我儘坊ちゃんだった。      
24hポイント 0pt
小説 66,097 位 / 66,097件 恋愛 17,043 位 / 17,043件
文字数 16,126 最終更新日 2018.04.24 登録日 2016.02.21
 月影の塔に住まう塔主・六花は、数か月後に伴侶となる聖夫君選出を控えたある日の夜、長く自身に仕えていた従者・ラギから別れを告げられる。 戸惑う六花の問いを待たず、彼ははバルコニーから飛び降り姿を消す。 突然の事に狼狽える六花は、配下である守護者たちに彼の行方を探るよう命じるのだが・・・・。  
24hポイント 0pt
小説 66,097 位 / 66,097件 ファンタジー 20,319 位 / 20,319件
文字数 14,390 最終更新日 2016.10.01 登録日 2016.02.18
6