3
k_i
【線の雨】が世界を滅ぼす前に…… 【線の雨】が世界を滅ぼそうとする中、騎士を辞め放浪の旅をしていたミートは、雨を逃れ故郷へと戻る。そこでかつての同窓の女騎士レクイカと再会する。故郷は既に雨によって消されていく渦中にあった。 雨の中に佇む巨大な怪物達。雨の後には、家も木々も人も、白い影しか残らない。怪物はその影を喰らう。 救助隊を指揮していたレクイカは、生き残った数十の民を守りながら、雨のない土地を目指す。ミートも隊に加わり、レクイカ麾下の女騎士達に罵られたり蹴られたり時には協力し合ったりしながら、迫る世界の滅びからの逃避行に身を投じる。
24hポイント 7pt
小説 16,602 位 / 57,229件 ファンタジー 4,684 位 / 18,769件
文字数 64,798 最終更新日 2019.09.29 登録日 2019.04.21
k_i
機械が滅び、詩と音楽が魔法だった時代の戦いの物語……。 * その年の聖騎士に選ばれ、境界と呼ばれる場所へ赴くミシン。 「この土地の”敵”は、都の周りに屯っている獣などとは、違う。慣れない内は、下手すると……死ぬ」境界の黒い甲冑の女騎士ヒュリカら境界の軍と共にその奥地”外縁”を目指す。 異質な存在・聖騎士として、自身がどういう役割を果たすべきなのか。境界の戦いとは。外縁の向こうにあるものとは? 詩的な文体で紡ぐ長編・ダークファンタジーとなっています。 ※WEB公開版第2稿を掲載しています(以降、この稿に修正は加えません)
24hポイント 0pt
小説 57,229 位 / 57,229件 ファンタジー 18,769 位 / 18,769件
文字数 101,431 最終更新日 2019.01.26 登録日 2019.01.04
k_i
元聖騎士が主人公の長編・ダークファンタジー。 * 人知れぬ探索の旅を一人で続けてきたミコシエ。しかしいつしかその目的の物も忘れ、聖騎士の道からも外れてしまった。そんな中、戦死したこの世界の勇者の未亡人や、新しく勇者に選ばれた若者ら一行に出会い、旅を共にすることになっていく。世界中の期待を受け、世界を救うべく魔王軍と戦う勇者。一方で世界など関係なく誰にも知られない探索を行ってきた聖騎士であった自身。この戦いと旅の果てに、ミコシエは何を見るのか。 ※タグ追加:主人公最強 は第7章から読むことをお勧めします 注:冒頭シーンだけ性暴力描写ありのシーンになっています 以降は一般のシリアスファンタジーという感じになるのですが 注:鬱エンド・バッドエンド(というわけでは決してないのですが)を好まない方は、終章を読むことをお勧めしません ※WEB公開版第2稿を掲載しています(以降、この稿に修正は加えません)
24hポイント 7pt
小説 16,602 位 / 57,229件 ファンタジー 4,684 位 / 18,769件
文字数 131,654 最終更新日 2018.12.30 登録日 2016.10.28
3